ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

システムエンジニア(基盤システム)

印刷する

システムエンジニア(基盤システム)

職業別名

社内システムエンジニア(主にシステムの設計に従事するもの) 電気通信技術者 電気通信施設技術者 ネットワーク技術者

属する産業

情報通信業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 ITインフラ(情報システムのインフラ:基盤システム)を設計、開発する。サーバーを設置、設定し、OS(オペレーティングシステム)等をインストールし、ストレージ(記憶装置)やネットワークを設定するエンジニアであるが、最近はクラウド上にバーチャルでシステムを構築することも多くなっており、この場合、ハードウェアにまったく触れず、設計、開発を行う。インフラエンジニア、基盤システムエンジニアとも呼ばれる。  ITインフラには、サーバー、ストレージ、ネットワーク、パソコンなどのハードウェア、またデータベースなどのミドルウェア、その上で動くアプリケーションがある。大規模なシステムでは、専門のネットワークエンジニア、データベースエンジニア等が分担して行う場合もあるが、ITインフラの開発としてまとめて行う場合もある。既存のITインフラの拡張や機能追加を行う場合もある。  仕事の流れをみると、顧客の要望を聞取り、どのようなITインフラが求められているか明確にする(要件定義)。次いで使用するハードウェアやOSなどのソフトウェアを選択し、ITインフラの構成を決めていく(設計)。この工程で設計書を作成するが、主な内容は、機能、構成、性能、信頼性、予算、開発工程である。  設計に基づき、機器などを導入して実際にシステムを作る(構築)。この工程では、機器やソフトウェアを発注し、機器の設置場所に搬入し、組み立て、配線などを作業員に指示しながら行い、その後OS、ミドルウェアなどをインストールする。  システムの構築が完了したら、システムエンジニア(業務用システム)、システムエンジニア(Webサイト開発)等に開発を引き継ぐ。引き継いだ開発過程で疑問や問題が生じた場合はそれに対応する。この開発段階で不具合や改善点があれば、導入したハードウェア、ネットワーク、OS等を確認し、設定を見直したり、場合によっては部分的に入れ替えたりすることもある。運用開始後、開発したITインフラに不具合や改善点が生じた場合はそれに対応する。  ITインフラの開発過程は今後の開発や保守のためにドキュメントとして整理する。  ITインフラはサーバーなどを顧客の施設に設置し、運用していたが、最近ではクラウドでの運用が多くなっている。大手IT企業が膨大な数のサーバーを設置したデータセンターを建設し、その中で顧客毎に仮想のITインフラを構築できるようにしている。顧客はITインフラがどこかにあるか意識することなく運用できる。このようなサービスは、ハードウェア、OS等をネットワーク上のサービスとして提供するIaaS(イアース:Infrastructure as a Service)、これに加えミドルウェアも提供するPaaS(パース:Platform as a Service)、さらにアプリケーションも提供するSaaS(サース:Software as a Service)等が展開されている。これらのサービスは導入コストや維持管理コストが削減でき、拡張性にすぐれ、信頼性も高く、運用保守もしやすいため、利用が広がっている。これに伴いシステムエンジニア(基盤システム)の仕事はこれらネット上の各種サービスを分析し、設定や調整を行い、システムを構築するものになっている。 ◇ よく使う道具、機材、情報技術等  サーバー、OS(オペレーティングシステム)、ストレージ(記憶装置)、ネットワーク、クラウド(IaaS、PaaS、SaaS)、パソコン

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

ITインフラ(情報システムのインフラ:基盤システム)を設計、開発する。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

72.4 %
設計書(ITインフラの機能、構成、性能、予算、開発工程)を作成する。
69.0 %
使用するハードウエアやOSなどのソフトウエアを選択し、ITインフラの構成を決めていく(設計)。
60.3 %
顧客の要望を聞取り、どのようなITインフラが求められているか明確にする(要件定義)。
58.6 %
設計に基づき、機器などを導入して実際にシステムを作る(構築)。
41.4 %
導入したハードウェア、ネットワーク、OS等を確認し、設定を見直す。
39.7 %
システムエンジニア(アプリケーション)、システムエンジニア(Webサイト開発)の開発過程で疑問や問題が生じたら、それに対応する。
39.7 %
OS、ミドルウェアなどをインストールする。
37.9 %
ITインフラの開発過程を今後の開発や保守のためにドキュメントとして整理する。
36.2 %
運用開始後、開発したITインフラに不具合や改善点が生じた場合はそれに対応する。
32.8 %
導入したハードウェア、ネットワーク、OS等を一部入替える。
31.0 %
構築が完了したITインフラをシステムエンジニア(アプリケーション)、システムエンジニア(Webサイト開発)に引き継ぐ。
31.0 %
設計に基づき、機器やソフトウエアを発注する。
25.9 %
機器の設置場所へに搬入、組み立て、配線を作業員に指示しながら行う。
22.4 %
クラウド上でITインフラを構築する。
22.4 %
クラウドに構築したITインフラの設定等を見直す。
20.7 %
IaaS、PaaS、SaaS等クラウドでのサービス内容の変化をフォローする。
19.0 %
IaaS、PaaS、SaaS等クラウドでのサービスを調査、分析する。

就業するには?

 入職にあたって、特に学歴や資格は必要とされないが、大卒、大学院卒が多く、高専卒もいる。理系が多いが文系もいる。  新卒で入社した場合、3ヵ月程度、研修を受け、配属される。仕事をしながらOJTで実践力や応用力を身につけていく。その後、定期的に集合研修を受けたり、Webでの研修を受けたりする会社もある。開発での設計書を社内で相互にレビューし、お互いの技術をチェックすることもある。  中途入社の場合は、経験者が同業他社からの転入してくることが多い。システム開発等の経験を積み、ITインフラの開発を担当するようになる場合もある。  その後のキャリアパスとしては、プロジェクトマネージャーから管理職となったり、特定分野のスペシャリストとなったりする。経験を積みIT分野のコンサルタントとなる場合もある。  関連資格として基本情報処理技術者、応用情報処理技術者(システムアーキテクト、ネットワークスペシャリスト、データベーススペシャリスト等)があり、仕事をしながら受験する者もいる。  ITインフラの設計、構築、また、ネットワーク、サーバー等に関する知識とスキルが必要である。顧客から問題点やニーズを聞き出し、システム構築では様々なエンジニアとのチーム作業となるため、コミュニケーション能力も重要である。クラウドとして提供されるIaaSPaaSSaaSはサービスや機能が日々、発展している。これに伴いそれぞれの仕様も変化しており、この発展、変化をフォローしていくことも求められる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

システムエンジニア(基盤システム)
システムエンジニア(基盤システム)
希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 勤務先はコンピューターメーカーやシステム開発会社であり、職場は都市部に多い。  大量のサーバー等を設置する開発では、顧客先に出向いて仕事をすることが多く、構築の規模にもよるが数ヵ月から長い場合は1年、2年となることもある。クラウド上でシステムを構築する場合はリモートで設定等構築作業を行う。  守秘義務やコンプライアンスの関係でほとんどが正社員である。  年齢的には30歳代~40歳代後半が多いが、全体として年齢が高くなってきている。女性比率は数パーセント程度である。  勤務は一般的に日勤であるが、工程ごとに納期があり、その納期が近くなった時やテスト工程などでは残業が多くなる傾向がある。  賃金は勤務先の規定によるが、IT関連産業の職種の中では比較的高い水準にある(*1)。  顧客の施設に物理的にサーバーを設置する仕事は減少しているが、クラウドを利用したIoTフィンテック等新しい分野でITインフラが求められるようになっている。仕事内容は変化しているが、ITの根幹を担うエンジニアとして需要は高い。 *1 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査」(平成29年)から

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

システムエンジニア(基盤システム)が属する主な職業分類(システム設計技術者,通信ネットワーク技術者)の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

全国
564,610
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

労働時間

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
156
時間
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

賃金(年収)

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
568.9
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

年齢

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
38.8
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

(令和元年度)

全国
31.9
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

有効求人倍率

(令和元年度)

全国
2.11
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

グラフの目盛り

どのようなスキルがどの程度必要かを職業間で比較可能な形で表しています。前職や自分自身のスキルと比較することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力 4.5
傾聴力
傾聴力 4.6
文章力
文章力 4.4
説明力
説明力 4.6
外国語を読む
外国語を読む 2.8
外国語を聞く
外国語を聞く 2.3
外国語で書く
外国語で書く 2.0
外国語で話す
外国語で話す 1.8
数学的素養
数学的素養 3.1
科学的素養
科学的素養 2.2
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考) 4.2
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力 4.1
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践 4.0
継続的観察と評価
継続的観察と評価 4.0
他者の反応の理解
他者の反応の理解 3.7
他者との調整
他者との調整 4.3
説得
説得 3.9
交渉
交渉 3.9
指導
指導 3.9
対人援助サービス
対人援助サービス 3.3
複雑な問題解決
複雑な問題解決 4.1
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成) 4.4
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発 4.1
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択 3.8
設置と設定
設置と設定 3.9
プログラミング
プログラミング 4.0
計器監視
計器監視 3.2
操作と制御
操作と制御 3.5
保守点検
保守点検 3.2
故障等の原因特定
故障等の原因特定 4.0
修理
修理 3.0
クオリティチェック
クオリティチェック 4.2
合理的な意思決定
合理的な意思決定 4.1
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析 3.6
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価 3.5
時間管理
時間管理 4.1
資金管理
資金管理 3.2
資材管理
資材管理 2.9
人材管理
人材管理 3.4

どのような分野の知識が重要であり、必要かを表しています。前職や自分自身の知識と比較し、不足する分野を特定することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営 2.0
事務処理
事務処理 2.5
経済学・会計学
経済学・会計学 1.8
販売・マーケティング
販売・マーケティング 1.9
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス 2.4
人事労務管理
人事労務管理 1.8
輸送
輸送 1.4
生産・加工
生産・加工 1.9
農業・畜産業
農業・畜産業 1.2
工学
工学 2.1
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学 3.0
設計
設計 2.8
建築・建設
建築・建設 1.1
機械
機械 1.5
数学
数学 2.1
物理学
物理学 1.3
化学
化学 1.2
生物学
生物学 1.1
心理学
心理学 1.6
社会学
社会学 1.6
地理学
地理学 1.1
医学・歯学
医学・歯学 0.9
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング 1.2
教育訓練
教育訓練 2.0
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法 2.2
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法 2.0
芸術
芸術 1.0
歴史学・考古学
歴史学・考古学 1.0
哲学・宗教学
哲学・宗教学 1.0
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理 2.0
法律学、政治学
法律学、政治学 1.7
通信技術
通信技術 2.7
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア 2.5

この職業に就いている人はどのようなことに興味がある人が多いかを表しています。自分の職業興味とあっているか、確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的 3.4
研究的
研究的 3.3
芸術的
芸術的 2.8
社会的
社会的 3.5
企業的
企業的 3.4
慣習的
慣習的 3.1

この職業ではどのような点で満足感を得やすいかを表しています。あなたが重要だと思う価値観について満足感を得やすい職業かどうか確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感 3.4
自律性
自律性 3.4
社会的認知・地位
社会的認知・地位 3.2
良好な対人関係
良好な対人関係 3.4
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性) 3.1
労働安全衛生
労働安全衛生 3.1
組織的な支援体制
組織的な支援体制 3.1
専門性
専門性 3.6
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献 3.0
私生活との両立
私生活との両立 2.9

仕事の場所や対人業務の頻度などの、職場環境や仕事の内容などを表しています。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり 4.5
対面での議論
対面での議論 4.1
電話での会話
電話での会話 4.1
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成 4.0
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立 3.2
時間的切迫
時間的切迫 3.6
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事 3.6
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触 3.3
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする 3.5
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ 3.7
同一作業の反復
同一作業の反復 3.2
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業 3.1
結果・成果への責任
結果・成果への責任 3.4
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業 4.7
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業 2.0
屋外作業
屋外作業 1.8
座り作業
座り作業 4.5
立ち作業
立ち作業 1.7
反復作業
反復作業 2.2
ミスの影響度
ミスの影響度 3.4
意思決定の自由
意思決定の自由 3.3
仕事の構造化
仕事の構造化 3.5
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業