ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

当サイトについて

 職業情報提供サイト(日本版O-NET (※))は、「ジョブ」(職業、仕事)、「タスク」(仕事の内容を細かく分解したもの、作業)、「スキル」(仕事をするのに必要な技術・技能)等の観点から職業情報を「見える化」し、求職者等の就職活動や企業の採用活動等を支援するWebサイトです。

 まだ就業経験のない方や再就職先を探している方が、どんな職業があるのかいろいろな切り口から探したり、その職業ではどんな仕事内容・作業が一般的に行われ、どんなスキルや知識を持った方が働いているのか調べたりすることができます。

 また、学生のキャリア形成を支援する方、求職者への職業相談・職業紹介を行う方、企業内の人材活用に取り組む方に活用していただける様々な機能も搭載されています。

 (当サイトの利用方法については こちら をご参照ください。)

 当サイトの「職業情報(職業解説やしごと能力プロフィール等)」(政府の統計データ、写真・動画を除く)は、独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究開発成果物である「職業情報データベース」の情報を活用し、作成しています。同データベースの著作権に関する全ての権利は同機構が保有しています。「利用規約」を遵守し、同機構の著作権を侵害することのないようにご利用ください。

参考文献

資料シリーズNo.227『職業情報提供サイト(日本版O-NET)のインプットデータ開発に関する研究』(2020年3月) 独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT)

https://www.jil.go.jp/institute/siryo/2020/227.html

「職業情報データベース」の構成や情報の収集・分析方法、職業に関する数値情報の作成等についてとりまとめた研究成果です。


(※)米国労働省が1998年から公開している職業情報データベース(O*NET)、ならびに2000年から運営する職業情報サイト(O*NET OnLine)を基に命名しています。 O*NETは、米国職業分類に含まれる約900職種について、具体的な能力、必要な知識、向いている興味や価値観等を共通尺度上で数値化したデータを提供しているWebサイトです。米国の労働市場において、求職者や求人者等に対して、スキル等の共通言語を提供する役割を果たしています。