ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

プログラマー

印刷する

プログラマー

職業別名

ソフトウェアテスト技術者

属する産業

情報通信業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 システム開発において、システムエンジニア(SE)が作成した詳細設計に基づきプログラムを作成する。  システム開発の流れをみていくと、SEが顧客の要望をヒアリングし要件定義を行い、この要件定義に基づいて基本設計を行う。この基本設計を基に細部に至るまで処理方法を確定する詳細設計を行う。ここまでを上流工程と呼ぶ。  プログラマーは詳細設計に基づきコーディング(プログラミング言語でコンピューターが処理可能な命令を書くこと)し、プログラムを作成する。ここからを下流工程という。出来上がったプログラムを個々に動作させて確認を行う単体テスト、複数のプログラムを組み合わせて行う結合テスト、そしてシステムとしての動きを見る総合テストをSEとともに行い、バグ(プログラムに内在する欠陥や不具合)を摘出する。バグが見つかればそれを解析の上、修正し(「デバッグ」)、システムが完成する。担当したプログラムが出来上ると、今後の保守に必要なドキュメント(開発したプログラムの説明、テスト結果等)を作成するのもプログラマーの仕事である。  基本的にはSEの仕事は上流工程と、下流工程のうちのテストと納品後のアフターケアであり、プログラマーの仕事は下流工程でのコーディング作業である。場合によっては、プログラマーが基本設計や詳細設計、また、プログラムのテストを行う場合もあり、SEがコーディングを行う場合もあるが、コーディングをしてプログラムを作成するのがプログラマーの主な仕事といえる。  プログラムには様々な種類がある。経理等各種業務用のソフトウェア、ショッピングサイトなどWeb用のプログラム、家電製品や電子機器などを制御するプログラム、PC向けソフトウェア、スマートフォン向けアプリ、ゲームのプログラム、さらに、通信やオンラインを制御するプログラム、また、大型汎計算機のプログラムなど、様々である。開発言語や開発環境はそれぞれ異なり、得意とする分野も異なるが、プログラマーはこれらのソフトウェアを作成する。  また、今日、多くの情報システムが稼働しており、それら既存のプログラムを修正し、変化に対応したり、機能を追加する仕事をするプログラマーも多い。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人検索   (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

求人検索  
(ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

システム開発において、システムエンジニア(SE)が作成した詳細設計に基づきプログラムを作成する。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

91.5 %
コンピュータ言語を使いプログラムを作成する。
81.4 %
できあがったプログラムが設計通りに動作するかテストする。
81.4 %
できあがったプログラムに問題点があれば修正をする(デバッグ)。
67.8 %
既存のプログラムを修正し、その後の変化に対応したり、機能を追加をする。
59.3 %
開発するシステムがどのようなものか、システムエンジニアから説明を受け、概要を把握する。
59.3 %
システムエンジニアが作成した詳細設計書等をもとに、情報の形式、具体的な処理手順の検討をする。
59.3 %
詳細設計書等の具体化で問題がある場合は、システムエンジニアと検討する。
59.3 %
作成したプログラムの今後の保守に必要なドキュメントを作成する。

就業するには?

 入職にあたって、特に学歴や資格は必要とされない。専攻も特に問われず、最近は文系出身のプログラマーも多い。ただし、専門学校等でプログラミングを学んでいたり、必須ではないが、基本情報処理技術者等の資格持っていると入職時に有利になることもある。  新卒で入職、あるいは未経験で他の仕事から入職した場合、企業内で一定期間の教育を受けた後に、プログラマーとして配属される。配属後、半年から1年間程度、先輩プログラマーやSEなどの指導を受けながら、部分的なプログラムを担当したり等、プログラマーとしての経験を積んでゆく。一人前のプログラマーとして認められ、詳細設計書を自分で読み解き、時にはその中の誤りを指摘できるレベルになるには、3~4年かかるといわれる。  その後のキャリアパスとしては、プログラマーからチームリーダーになり、管理職になっていくというルートがある。それ以外にSEに転身してシステム設計に携わる人、また、知識と経験を活かして、営業になる人もいる。高い技能や専門性を持ったプログラマーも求められおり、プログラマーとしてのスキルを磨き、プログラミングのエキスパートとなる人も少なくない。  プログラマーになる資質としては、ITリテラシーがあり、情報セキュリティに対する意識が高いこと、SEとは違い、顧客に直接接することは少ないが、顧客の内部情報に触れることもあるため、個人情報の取扱い、コンプライアンスに注意を払うことが求められる。  使用するプログラミング言語は色々なものがある。WebサイトのプログラムではJava、PHP、Rubyなどの言語がよく使われる。ゲームのプログラムではC++、スマホのゲームではC#が多く使われる。人工知能の開発ではPythonなどが多く、汎用大型計算機では古くからあるコンピューター言語のCOBOLが使われている。  今日、Webサイトのためのプログラミングの仕事が多いが、このためにLAMP(ランプ)の知識、スキルがプログラマーにも求められる。LAMPとはサーバのOS(オペレーティングシステム)であるLinux、Webサイトを実現するApache、データベースのMySQL、プログラミング言語のPHP等の頭文字を短く表現したものである。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

プログラマー
プログラマー
基本情報技術者

学歴

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 東京、大阪、名古屋を中心とする大都市とその周辺で就業することが多い。システム開発会社やWeb開発会社などのIT企業、また、製造業、金融・保険業、建設業などの企業や研究機関からプログラム作成を受託した会社で働くことが多い。  就業者は男性の割合が高く、20歳代後半から40歳代が多い。SEに比べると20歳代が多い。最近は全体として平均年齢が上昇している。  コンピューターがあればプログラム作成はできるが、セキュリティの観点からインターネットを遮断した環境下で開発をすることも多く、リモートオフィスのような働き方は少ない。顧客との守秘義務やトラブル対応の関係もあり、プログラム作成を受託した会社の正社員として働いていることが多い。  賃金、労働時間等労働条件は勤務先の規定によるが、開発期限が迫っていたり、開発に問題が生じたような場合は、休日や夜間に仕事をすることもある。  開発するシステムの規模は様々であり、小さいものは1人で作成したり、大きなものでは数百人のプログラマーがチームに分かれ、開発する場合もある。  Web画面の開発ではデザインツールから自動的にHTMLなどが作られ、プログラミングの必要がなくなっている。また、それまでに作られたプログラムがライブラリー、ツール、モジュール等として整備され、SEはプログラム作成をプログラマーに依頼することなく、既存のプログラムの組合わせでシステム開発がかなりの程度できるようになっている。  しかしながら、自動生成されたプログラムは整理されておらず、その後の修正や機能追加が難しい。プログラマーは効率的で整理された分りやすいプログラムを作成する、職人的な技を磨くことが期待されている。また、プログラミングのエキスパートとして、自動生成ではできないクリエイティブなプログラムを作成したり、データ管理やWebなど特定の分野に特化した専門性を持つことも重要である。プログラミングの技を磨き、スーパープログラマーや天才プログラマーと呼ばれ、活躍している人もいる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

260,230


労働時間

(出典:平成30年賃金構造基本統計調査)

164


時間

賃金

(出典:平成30年賃金構造基本統計調査)

561.5


万円

年齢

(出典:平成30年賃金構造基本統計調査)

43.4


※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール

グラフの目盛り

読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力   4.1
傾聴力
傾聴力   4.0
文章力
文章力   3.7
説明力
説明力   3.7
外国語を読む
外国語を読む   2.1
外国語を聞く
外国語を聞く   1.3
外国語で書く
外国語で書く   1.2
外国語で話す
外国語で話す   1.0
数学的素養
数学的素養   3.3
科学的素養
科学的素養   2.0
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考)   3.7
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力   3.6
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践   3.1
継続的観察と評価
継続的観察と評価   3.1
他者の反応の理解
他者の反応の理解   2.8
他者との調整
他者との調整   3.2
説得
説得   2.8
交渉
交渉   2.8
指導
指導   3.1
対人援助サービス
対人援助サービス   2.1
複雑な問題解決
複雑な問題解決   3.6
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成)   3.9
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発   3.9
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択   2.9
設置と設定
設置と設定   3.2
プログラミング
プログラミング   5.0
計器監視
計器監視   1.9
操作と制御
操作と制御   2.5
保守点検
保守点検   2.0
故障等の原因特定
故障等の原因特定   3.5
修理
修理   2.8
クオリティチェック
クオリティチェック   3.5
合理的な意思決定
合理的な意思決定   2.7
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析   2.0
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価   1.9
時間管理
時間管理   2.9
資金管理
資金管理   1.5
資材管理
資材管理   1.6
人材管理
人材管理   1.7
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営   0.9
事務処理
事務処理   1.6
経済学・会計学
経済学・会計学   0.9
販売・マーケティング
販売・マーケティング   0.9
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス   1.2
人事労務管理
人事労務管理   0.9
輸送
輸送   0.6
生産・加工
生産・加工   1.0
農業・畜産業
農業・畜産業   0.6
工学
工学   1.5
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学   3.0
設計
設計   2.6
建築・建設
建築・建設   0.7
機械
機械   1.1
数学
数学   2.1
物理学
物理学   1.3
化学
化学   0.8
生物学
生物学   0.7
心理学
心理学   0.8
社会学
社会学   0.8
地理学
地理学   0.6
医学・歯学
医学・歯学   0.6
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング   0.6
教育訓練
教育訓練   1.1
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法   1.6
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法   1.2
芸術
芸術   0.6
歴史学・考古学
歴史学・考古学   0.5
哲学・宗教学
哲学・宗教学   0.5
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理   0.8
法律学、政治学
法律学、政治学   0.7
通信技術
通信技術   1.9
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア   1.5
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的   3.7
研究的
研究的   3.8
芸術的
芸術的   2.7
社会的
社会的   2.9
企業的
企業的   2.9
慣習的
慣習的   3.1
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感   3.8
自律性
自律性   3.5
社会的認知・地位
社会的認知・地位   3.0
良好な対人関係
良好な対人関係   3.1
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性)   3.1
労働安全衛生
労働安全衛生   3.4
組織的な支援体制
組織的な支援体制   2.9
専門性
専門性   3.8
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献   2.8
私生活との両立
私生活との両立   3.0
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり   4.2
対面での議論
対面での議論   3.5
電話での会話
電話での会話   2.9
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成   3.3
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立   2.4
時間的切迫
時間的切迫   3.4
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事   3.3
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触   2.7
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする   2.7
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ   3.8
同一作業の反復
同一作業の反復   3.1
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業   3.1
結果・成果への責任
結果・成果への責任   3.1
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業   4.6
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業   1.7
屋外作業
屋外作業   1.5
座り作業
座り作業   4.9
立ち作業
立ち作業   1.3
反復作業
反復作業   2.0
ミスの影響度
ミスの影響度   3.1
意思決定の自由
意思決定の自由   3.4
仕事の構造化
仕事の構造化   3.3
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業