ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

施設警備員

印刷する

施設警備員

職業別名

駅警備員 ガードウーマン ガードマン 空港警備員 刑事施設警備員 守衛 倉庫警備員 ビル警備員 夜警員

職業分類

属する産業

サービス業(他に分類されないもの)   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 警備会社に雇用され、顧客の事務所や工場、商業施設などに常駐等又は巡回により、事故や火災、不法侵入などの、防止、早期発見、事故の対応を行う。  警備業法では、警備業務を1号業務(施設警備、巡回警備、保安警備、空港保安警備、機械警備)、2号業務(交通誘導警備、雑踏警備)、3号業務(貴重品運搬警備、危険物運搬警備)、4号業務(身辺警備)に分けており、1号業務が警備需要の5割を占めている(*1)。  施設警備は1号業務に属し、主な業務としては防災監視、防火設備の日常巡視、防犯監視、巡回、受付・入退出管理、郵便小包受領検査、鍵の管理、非常事態への対応などがある。  警備会社は民間企業であり、そこに勤務する警備員は法令により、警察官のような公的権限は付与されていない。そのため原則として命令や尋問をしたり、他人の権利や自由を侵害するような行動をとることはできないとされている。認められているのは依頼主から委託を受けた施設管理権と、私人としての現行犯逮捕権のみである。ただし、警備員が身の危険を感じるような状況も想定されるため、警備会社が公安委員会に届出て許可を得た最低限の護身用具(警戒棒警戒杖刺股カラーボール等)を携帯し、正当防衛の範囲内で使用することはできる。 *1 一般社団法人 全国警備業協会 ホームページより ◇ よく使う道具、機材、情報技術等  護身用具(警戒棒警戒杖刺股カラーボール等)

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

警備保障会社に雇用され、顧客の事務所や工場、商業施設などに常駐し、事故や火災、不法侵入などの防止、早期発見、対応を行う。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

84.7 %
防災、防犯のために施設内を巡回する。
74.6 %
不審者を発見した場合は、声掛けや退去要請を行う。
71.2 %
施設の入退出を管理する。
64.4 %
交替時に情報を共有し、仕事の申し送りを行う。
62.7 %
施設各所の鍵(セキュリティーカード)を管理する。
61.0 %
出火やガス漏れ等の非常事態発生時には、初期消火や避難誘導等の対応を行う。
57.6 %
何らかの非常事態が起きた場合、対応完了後に、発生状況や対応内容等について報告書(レポート)を作成する。
57.6 %
異常を発見した場合は、内容により常駐先の担当者や警備保障会社の担当者、警察、消防等に連絡、通報を行う。
54.2 %
退勤時に、その日の業務について業務日誌を書く。
52.5 %
不法侵入者、窃盗犯、器物損壊犯等の発見時は、警察が到着するまでの間、可能な範囲で警告、介入を行う。
39.0 %
防火設備やセンサーが正常に作動しているか、所定の手順で確認する。
35.6 %
新規の来訪者に、立ち入り、持ち込み、撮影等の制限や、退出時刻等についての説明を行う。
30.5 %
施設案内や安全の確保、不審な行動の監視等のため、来訪者の移動に同行する。
15.3 %
簡易書留等の郵便物や宅配便を預かり、所定の場所に保管する。
15.3 %
不審な郵便物や宅配便が届いた場合、受領検査を行う。

就業するには?

 入職にあたって、特に学歴や資格は必要とされないが、警備業法によって、18歳未満の未成年者、破産宣告を受けている人、刑務所から出所して5年未満の者、暴力団員、アルコールや覚醒剤などの中毒者などは就くことができない。  新卒で入職するには、警備会社に入社して、施設警備担当として配属(若しくは他部門に配属後異動)される経路が一般的である。  入職後は、警備業法で定める30時間以上の新任教育を受けたあと、警備員登録を経て、各社が実施している業務別教育、OJT、Off-JT(職場外研修)を経て警備員として勤務することになる。関係法令に関する知識の習得の他、護身用具を使った身の守り方、火災発生に備えた消火器の使用方法、心肺蘇生法を含む応急救護等の実践的な技能に係る訓練も受ける。  なお、現任者については半年ごとに8時間以上の現任教育を受け、勤務に就くことが警備業法で義務づけられている。  警備会社では、ジョブローテーションにより幅広い経験を積ませて、幹部候補生として育てる傾向が強くなっている。しかし、警備業界でも人手不足状態が続いており、中途採用の求人も多い。別業界から転職した未経験者は、新卒入職者と同じく新任教育などの研修を受けた後、現場に配属される。  警備員の仕事に関連する資格には、都道府県公安委員会の「警備員指導教育責任者」、「施設警備業務検定」などの公的資格のほか、全国警備業協会が定める「セキュリティプランナー」などの民間資格がある。現場で経験を積みながら、こうした資格を取得して専門性を高めていくことが、キャリアアップにつながる職業である。  警備員の適性としては、法令等を遵守するコンプライアンス精神と、人の生命や財産を守るという責任感、また、迅速かつ的確な判断力、行動力が求められる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

施設警備員
施設警備員
希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 警備業法第4条に基づく認定業者は、全国に9,548社(このうち警備員数が100人未満の警備業者が約90%)ある。警備員総数(1~4号業務全体)は約55万人で、男性が9割以上を占めている。最近は女性警備員も増加傾向にあり、3万人強と全体の約5%を占めている。30歳未満で見ると女性比率は約15%となっている。年齢別構成は、30代以下が約10%だが、40代が約15%、50代が約20%、60代が約30%、70代が約10%と、50代以上が3分の2を占めている(2017年時点*2)。  給与は警備会社によって異なるが、配置された施設が就業場所となる。勤務時間は担当する施設によって異なり、日勤だけのところもあれば、24時間稼働する工場などでは「日勤」「夜勤」「昼夜勤」の三交代制をとっているところもある。  職業としての将来性については、警備を必要とする施設は多く、社会的なセキュリティ意識の高まりもあり、安定的な需要が見込まれる。  ただし、警備の世界でもICTなど先端技術を活用した省力化が進んでおり、ロボットやドローンを使った巡回警備の自動化、更にAIを使った顔認識も実用段階に入っている。今後は、高い専門性を備えた人材のニーズが高まっていくと見込まれる。 *2 警察庁生活安全局生活安全企画課 平成29年における警備業の概況

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

施設警備員が属する主な職業分類(警備員)の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

全国
370,730
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

労働時間

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
167
時間
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

賃金(年収)

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
326.6
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

年齢

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
51.6
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

(令和元年度)

全国
18.9
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

有効求人倍率

(令和元年度)

全国
3.93
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

グラフの目盛り

どのようなスキルがどの程度必要かを職業間で比較可能な形で表しています。前職や自分自身のスキルと比較することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力 2.7
傾聴力
傾聴力 3.0
文章力
文章力 2.4
説明力
説明力 2.7
外国語を読む
外国語を読む 1.1
外国語を聞く
外国語を聞く 1.1
外国語で書く
外国語で書く 0.8
外国語で話す
外国語で話す 1.1
数学的素養
数学的素養 1.1
科学的素養
科学的素養 0.8
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考) 1.4
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力 1.5
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践 1.6
継続的観察と評価
継続的観察と評価 1.8
他者の反応の理解
他者の反応の理解 2.2
他者との調整
他者との調整 2.0
説得
説得 2.0
交渉
交渉 1.9
指導
指導 2.6
対人援助サービス
対人援助サービス 2.3
複雑な問題解決
複雑な問題解決 1.9
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成) 1.6
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発 1.5
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択 1.9
設置と設定
設置と設定 1.5
プログラミング
プログラミング 0.8
計器監視
計器監視 2.2
操作と制御
操作と制御 2.2
保守点検
保守点検 1.8
故障等の原因特定
故障等の原因特定 1.9
修理
修理 1.7
クオリティチェック
クオリティチェック 1.3
合理的な意思決定
合理的な意思決定 1.6
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析 1.4
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価 1.3
時間管理
時間管理 2.2
資金管理
資金管理 1.1
資材管理
資材管理 1.2
人材管理
人材管理 1.3

どのような分野の知識が重要であり、必要かを表しています。前職や自分自身の知識と比較し、不足する分野を特定することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営 0.6
事務処理
事務処理 1.2
経済学・会計学
経済学・会計学 0.5
販売・マーケティング
販売・マーケティング 0.5
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス 1.4
人事労務管理
人事労務管理 0.9
輸送
輸送 0.4
生産・加工
生産・加工 0.4
農業・畜産業
農業・畜産業 0.3
工学
工学 0.4
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学 0.5
設計
設計 0.4
建築・建設
建築・建設 0.4
機械
機械 0.8
数学
数学 0.5
物理学
物理学 0.4
化学
化学 0.4
生物学
生物学 0.4
心理学
心理学 0.9
社会学
社会学 0.8
地理学
地理学 0.5
医学・歯学
医学・歯学 0.6
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング 0.6
教育訓練
教育訓練 1.0
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法 1.1
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法 0.6
芸術
芸術 0.4
歴史学・考古学
歴史学・考古学 0.4
哲学・宗教学
哲学・宗教学 0.4
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理 1.5
法律学、政治学
法律学、政治学 1.0
通信技術
通信技術 0.8
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア 0.9

この職業に就いている人はどのようなことに興味がある人が多いかを表しています。自分の職業興味とあっているか、確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的 3.0
研究的
研究的 2.6
芸術的
芸術的 2.3
社会的
社会的 3.3
企業的
企業的 2.6
慣習的
慣習的 3.3

この職業ではどのような点で満足感を得やすいかを表しています。あなたが重要だと思う価値観について満足感を得やすい職業かどうか確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感 2.8
自律性
自律性 2.8
社会的認知・地位
社会的認知・地位 2.6
良好な対人関係
良好な対人関係 3.0
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性) 2.9
労働安全衛生
労働安全衛生 2.9
組織的な支援体制
組織的な支援体制 2.9
専門性
専門性 2.9
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献 3.2
私生活との両立
私生活との両立 3.0

仕事の場所や対人業務の頻度などの、職場環境や仕事の内容などを表しています。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり 4.4
対面での議論
対面での議論 2.4
電話での会話
電話での会話 3.5
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成 2.9
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立 2.4
時間的切迫
時間的切迫 3.0
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事 3.1
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触 3.0
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする 2.7
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ 3.4
同一作業の反復
同一作業の反復 3.2
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業 2.7
結果・成果への責任
結果・成果への責任 2.8
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業 4.2
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業 2.8
屋外作業
屋外作業 3.3
座り作業
座り作業 3.0
立ち作業
立ち作業 2.9
反復作業
反復作業 2.8
ミスの影響度
ミスの影響度 3.0
意思決定の自由
意思決定の自由 2.7
仕事の構造化
仕事の構造化 3.0
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業