ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

染色工/染色設備オペレーター

印刷する

染色工/染色設備オペレーター

職業別名

染色設備オペレーター(紡績、織物製造) 織物染工 糸染工 浸染工 スクリーンなっ染工 染色仕上工(紡績、織物製造) 染物職 なっ染工 友禅染工

属する産業

製造業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 各種の染料、薬品などを用いて、機械装置により、糸や織編物(おりあみもの)に染色整理加工(染色と仕上げ)を行う。  糸や織編物は、綿、羊毛などの天然繊維や、レーヨンなどの化学繊維、ナイロン、ポリエステルなどの合成繊維を原料としており、染色整理加工ではこれらの原料に最終用途にあわせた色柄をつけたり、表面を平滑にしたり、手触りをよくするなどの物理的・化学的な処理を施すことから、それぞれ異なった機械や薬品が使用される。  染色工程は、生地を一色に染める無地染と、一色又は多色を使って柄染をする捺染(なっせん、プリント)に分けられる。シャツなどのポリエステル織物の無地染では、まず染色機に一定量の水を入れ、機械を始動させ、前工程の精練漂白を終えた生地を機械に入れ、あらかじめ設定しておいたプログラムで自動運転に切り替える。染料と薬品を計量しておくと、自動的に染料と薬品が投入されて、染色が行われる。  染色が終わると、サンプルをチェックして、洗浄に移り、染色加工の最終仕上げとして、防縮(縮みを防ぐ)加工、光沢やつや出し加工、防炎加工等、また最近では撥水加工、撥油加工、吸汗加工、しわ加工、起毛加工、コーティングラミネート作業なども施されている。  最後に検査工程で生地をチェックし、不良部分を取り除く。  糸の染色整理加工工程も同様に、精練、漂白、水洗を経て、染色、水洗という順に作業が進められる。毛織物の染色整理加工の場合は、「縮絨性(しゅくじゅうせい)」という毛が縮む性質があるため、特別の方法が必要で、染色工程よりも整理加工工程に重点があるのが特徴である。  これらの作業は、現在では大部分が電子制御の機械で処理されているが、加工後の微妙なタッチなどは、目や手で判断することも染色の担当の大切な仕事である。 ◇ よく使う道具、機材、情報技術等  機械装置、染色機

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

各種の染料、薬品などを用いて、機械装置により、糸や織編物(おりあみもの)に染色整理加工(染色と仕上げ)を行う。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

34.8 %
仕様書に従って染料と薬品を計量する。
30.4 %
自動で染色をする機械に一定量の水を入れ、機械を始動する。
26.1 %
防縮加工、つや出し加工、防炎加工などの整理加工を自動的に行う機械を操作・監視する。
26.1 %
染色終了後、サンプルを切り取り、色が正常かどうかのチェックをする。
21.7 %
一連の染色工程を行う産業用ロボットの操作・監視をする。
21.7 %
試験染めをする。
17.4 %
さまざまな生地に柄をつけるプリント作業をする。
8.7 %
染色品検査をして良品、不良品を分ける。
8.7 %
サンプルが正常であれば、続けて自動的に洗浄をするために機械を操作する。
8.7 %
精錬漂白工程の終わった生地を機械に導き入れ、生地の初めと終わりを結び合わせ、機械のハッチを閉じる。
8.7 %
プログラムに沿った自動運転に切り替え、計量しておいた染料と薬品を溶解タンクに入れ、所定量の水で溶解させておく。
4.3 %
染色終了後、生地を結び合わせた部分を解いて、引き出し用のローラーを通しながら取り出す。
4.3 %
オーバーマイヤーの中のカゴに糸の束を入れる。
4.3 %
オーバーマイヤーの中で精練・漂白・染色・水洗をするために、染料液や薬剤の入った液をポンプで循環させる装置の運転を監視する。
4.3 %
水洗が済んだ糸をカゴごと乾燥装置に移す、またはオーバーマイヤーの中でそのまま乾燥させる。

就業するには?

 入職にあたって、特に学歴や資格は必要とされない。新規学卒者は、IT(情報処理)やメカトロニクス化の進展等により仕事が労働集約型から知識集約型に変わりつつあり、大卒者等も入職している。求人は学校やハローワークなどを通じて行われる。中途採用もある。生産現場で多くの化学薬品や機械設備を使用するので、化学系や機械系の学科を専攻し、それらの知識を身につけていれば有利になる。  染色整理加工は、素材や色、手触りなどが重要な要素であり、コンピュータ制御が発達した現在でも感性の領域までの制御はできず、微妙な調整をするためには経験を積む必要がある  関連資格として、厚生労働省が定める技能検定の「染色技能士」があり、資格を取得すると技能の証明として評価される。  化学や素材に関する深い知識に加えて、コンピュータによってプログラム化された染色作業を制御するための技術も必要である。最終的な調整部分では、人間の美的感覚が必要とされ、ファッションやテキスタイルデザイン等の知識も求められる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

染色工/染色設備オペレーター
染色工/染色設備オペレーター
希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 就業者は男性が6割強を占めている。就業形態は正社員が多い(2016年時点1*)。  事業所は、全国に広がっており、特に近畿、東海、北陸地方に多い(2016年時点2*)。就業者は高齢者が多く、50代が中心である。技術伝承のため、60代も珍しくない  勤務形態は企業によって異なり、昼間勤務が多いが、2交替制(早番、遅番)、3交替制(24時間)が基本のところもある(2019年時点3*)。また、賃金、労働時間等の労働条件も、職場によって異なり社内規定による。  外国製繊維製品の輸入の増大や、技術革新に伴う染色整理加工工程の自動化により、染色工の労働需要は減少が予想される。一方で、高級品への生産の移行やコンピュータによる生産・品質・情報の管理やオペレーションが進むことにより、機械や情報処理の知識と感性を持った人材が求められると考えられる。  なお、従来の染色手法とは異なるが、コンピュータ制御によるインクジェットでのデジタル捺染(なっせん:布地に模様の印刷をする)も普及してきている。 (1*)(2*)総務省2016経済センサスから (3*)取材結果から

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

染色工/染色設備オペレーターが属する主な職業分類(紡織・衣服・繊維製品生産設備制御・監視員,紡織工)の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

全国
323,990
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

労働時間

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
172
時間
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

賃金(年収)

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
220.4
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

年齢

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
45.5
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

(令和元年度)

全国
19.6
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

有効求人倍率

(令和元年度)

全国
3.08
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

グラフの目盛り

どのようなスキルがどの程度必要かを職業間で比較可能な形で表しています。前職や自分自身のスキルと比較することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力 2.6
傾聴力
傾聴力 3.4
文章力
文章力 2.4
説明力
説明力 2.8
外国語を読む
外国語を読む 1.0
外国語を聞く
外国語を聞く 1.1
外国語で書く
外国語で書く 1.0
外国語で話す
外国語で話す 1.0
数学的素養
数学的素養 2.1
科学的素養
科学的素養 1.7
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考) 2.4
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力 2.8
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践 2.7
継続的観察と評価
継続的観察と評価 2.8
他者の反応の理解
他者の反応の理解 2.6
他者との調整
他者との調整 2.5
説得
説得 2.8
交渉
交渉 2.4
指導
指導 3.4
対人援助サービス
対人援助サービス 1.9
複雑な問題解決
複雑な問題解決 2.4
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成) 2.3
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発 2.2
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択 2.6
設置と設定
設置と設定 2.2
プログラミング
プログラミング 1.3
計器監視
計器監視 2.2
操作と制御
操作と制御 2.6
保守点検
保守点検 2.7
故障等の原因特定
故障等の原因特定 2.5
修理
修理 2.7
クオリティチェック
クオリティチェック 2.9
合理的な意思決定
合理的な意思決定 2.1
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析 2.1
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価 2.0
時間管理
時間管理 2.3
資金管理
資金管理 1.5
資材管理
資材管理 2.2
人材管理
人材管理 2.0

どのような分野の知識が重要であり、必要かを表しています。前職や自分自身の知識と比較し、不足する分野を特定することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営 1.1
事務処理
事務処理 1.2
経済学・会計学
経済学・会計学 1.0
販売・マーケティング
販売・マーケティング 1.0
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス 1.3
人事労務管理
人事労務管理 1.1
輸送
輸送 1.3
生産・加工
生産・加工 2.7
農業・畜産業
農業・畜産業 0.8
工学
工学 1.5
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学 0.9
設計
設計 0.7
建築・建設
建築・建設 0.8
機械
機械 1.5
数学
数学 1.3
物理学
物理学 1.0
化学
化学 1.7
生物学
生物学 0.8
心理学
心理学 0.8
社会学
社会学 1.1
地理学
地理学 0.6
医学・歯学
医学・歯学 0.7
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング 0.7
教育訓練
教育訓練 1.4
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法 0.9
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法 0.6
芸術
芸術 1.1
歴史学・考古学
歴史学・考古学 0.8
哲学・宗教学
哲学・宗教学 0.8
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理 1.2
法律学、政治学
法律学、政治学 0.6
通信技術
通信技術 0.9
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア 0.9

この職業に就いている人はどのようなことに興味がある人が多いかを表しています。自分の職業興味とあっているか、確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的 3.3
研究的
研究的 3.1
芸術的
芸術的 3.1
社会的
社会的 3.1
企業的
企業的 2.9
慣習的
慣習的 3.1

この職業ではどのような点で満足感を得やすいかを表しています。あなたが重要だと思う価値観について満足感を得やすい職業かどうか確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感 3.3
自律性
自律性 3.2
社会的認知・地位
社会的認知・地位 3.0
良好な対人関係
良好な対人関係 3.0
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性) 2.7
労働安全衛生
労働安全衛生 2.7
組織的な支援体制
組織的な支援体制 3.0
専門性
専門性 3.3
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献 2.9
私生活との両立
私生活との両立 3.0

仕事の場所や対人業務の頻度などの、職場環境や仕事の内容などを表しています。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり 3.3
対面での議論
対面での議論 3.3
電話での会話
電話での会話 2.3
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成 2.1
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立 2.9
時間的切迫
時間的切迫 3.7
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事 3.1
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触 2.4
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする 3.0
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ 3.5
同一作業の反復
同一作業の反復 3.5
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業 3.3
結果・成果への責任
結果・成果への責任 3.5
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業 2.0
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業 3.7
屋外作業
屋外作業 1.9
座り作業
座り作業 1.6
立ち作業
立ち作業 4.2
反復作業
反復作業 3.6
ミスの影響度
ミスの影響度 3.0
意思決定の自由
意思決定の自由 3.0
仕事の構造化
仕事の構造化 3.2
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業