ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

非鉄金属製錬技術者

印刷する

非鉄金属製錬技術者

職業別名

圧延開発技術者 鋳物開発技術者 金属製錬開発技術者 合金開発技術者 鍛造開発技術者 鋳造開発技術者 電気精錬開発技術者

属する産業

製造業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 非鉄金属の製錬技術の開発・改良及び現場作業員を監督する立場で生産工程の管理を行う。非鉄金属は鋼以外の金属を指し、銅、亜鉛、鉛などのベースメタルやアルミなどの軽金属、最近注目されているレアメタルやレアアース、金や銀などの貴金属がある。  非鉄金属の生産工程は、銅を例にとると、原料である銅精鉱を自溶炉で製錬して、銅品位65%のマット(溶融状態の金属硫化物)と酸化鉄などを含むスラグ(鉱石から金属を精錬する際などに、特定の成分が溶融・分離してできたもの)に分離する。マットは転炉で酸化させることにより銅品位99%の粗銅(そどう)となり、粗銅は精製炉でブタンガス(液化石油ガスの一種)を還元剤として吹き込むことにより酸素が除去されて銅品位が99.5%の精製粗銅となる。これを鋳造機でアノード(陽極版)に鋳造する。ここまでの工程にかかる時間はほぼ1日である。電解プラントでは、このアノードと、銅品位99.99%以上の純銅をカソード(陰極版)として電気分解槽に交互に組み入れて、10日から2週間かけて、直流電流を流してアノードの銅分のみをカソードに電着させる。こうして、純度99.99%以上の銅が付着したカソードが最終製品である銅地金となる。  製錬技術者は、製錬技術の開発・改良、生産工程の管理や品質管理を通じた生産性の向上、設備の見直しや投資計画の立案、生産現場の監督・管理や指導、人材育成などを担当する。  製錬技術者のなかでも、研究開発を担当する場合は、非鉄金属製錬・精製及び環境・リサイクルにおけるプロセスの改良や新規プロセス開発の研究を行う。SDGsの観点から、環境・社会課題の解決が謳われている現在、新たなリサイクルプロセスの研究は重要な課題となっている。  また、より製造現場に近い生産技術を担当する場合は、製造現場の安全管理を第一とし、非鉄金属製錬・精製及びこれら関連材料の製造に関する技術開発・生産管理に加え、品質管理も重要な業務になる。具体的には、職級や経験に応じて業務内容は異なるが、生産計画の立案から、生産現場の指揮、問題への対処など工程管理を行う。最終製品の品質チェック、さらに製造工程で発生したり、発見された問題を研究チームにフィードバックすることも重要な業務である。こうした日々の業務のほかに、工場の管理、事業の運営・管理、計画の立案などのマネジメント業務や人材の育成・教育などの業務も行う場合もある。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人検索   (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

求人検索  
(ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

非鉄金属の精錬技術の開発・改良及び現場作業員を監督する立場で生産工程の管理を行う。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

45.5 %
生産工程の管理をする。
40.9 %
生産現場の監督・管理・指導をする。
31.8 %
品質の管理をする。
29.5 %
精錬技術の開発・改良をする。
29.5 %
人材の教育・育成のサポートをする。
25.0 %
各種データの取得と分析・解析をする。
25.0 %
設備の見直しをする。
22.7 %
実証データに基づく報告書を作成する。
15.9 %
設備や人員などの投資計画のための資料やデータを作成する。

就業するには?

 入職にあたって、資格は特に必要とされないが、学歴は大学院卒が一般的で、金属工学、材料工学、化学、化学工学に関連する分野を専攻している者が多い。中途採用もあるが、専門性の高い業務だけに工場や製造現場の操業管理や技術開発関係の経験者が多い。中途採用の場合はその専門性を活かし研究開発や分析、製造・生産技術などの部署に配属されるのが一般的である。  入職から2~3年は、OJTとOFF-JTで専門技術とビジネススキルを身に付ける。OJT では担当業務を持ち、先輩社員から指導を受けながら、企業でのものづくりを学ぶ。OFF-JTでは育成カリキュラムに従ってプレゼンテーション技術や論理的思考法といった各種ビジネススキル・知識を習得、実務レベルで課題解決を行い、一定の研修を受ける。その後、現場の作業長から係長を経て部長・工場長などマネジメントへのコースをたどる場合が多い。各種階層別の研修もありチームマネジメントのスキル、コンプライアンス、経営スキルなどを学ぶ場合もある。  工場管理者など特定の業務に就く場合には「公害防止管理者」や「エネルギー管理士」などの免許・資格が求められる。  専門知識に加え、品質管理・安全衛生・環境への配慮や工程管理、現場管理・監督などに関する高い知識と専門性が求められる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

非鉄金属製錬技術者
非鉄金属製錬技術者

学歴

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 勤務地は原則として製錬工場になるが、立地は各企業により異なる  賃金、労働時間等労働条件は勤務先の規定によるが、フレックスタイム制を採用しているところもある。  女性比率は低いが、最近では労働環境を整備するなど、女性を採用する企業が増えつつある。  各企業、職場、担当業務により異なるが、国内転勤は数年に一度程度、海外転勤は少ない。国内外の出張もある。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

就業者数

調査データはありません

労働時間

調査データはありません


賃金

調査データはありません


年齢

調査データはありません


※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール

グラフの目盛り

読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力   3.6
傾聴力
傾聴力   4.0
文章力
文章力   3.7
説明力
説明力   3.7
外国語を読む
外国語を読む   2.7
外国語を聞く
外国語を聞く   2.4
外国語で書く
外国語で書く   2.2
外国語で話す
外国語で話す   2.2
数学的素養
数学的素養   3.4
科学的素養
科学的素養   3.3
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考)   3.3
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力   3.2
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践   3.3
継続的観察と評価
継続的観察と評価   3.4
他者の反応の理解
他者の反応の理解   3.3
他者との調整
他者との調整   3.8
説得
説得   3.4
交渉
交渉   3.1
指導
指導   3.5
対人援助サービス
対人援助サービス   2.9
複雑な問題解決
複雑な問題解決   3.2
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成)   3.2
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発   3.0
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択   3.2
設置と設定
設置と設定   3.0
プログラミング
プログラミング   2.0
計器監視
計器監視   2.8
操作と制御
操作と制御   3.1
保守点検
保守点検   2.7
故障等の原因特定
故障等の原因特定   3.0
修理
修理   3.1
クオリティチェック
クオリティチェック   3.3
合理的な意思決定
合理的な意思決定   3.2
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析   3.1
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価   3.0
時間管理
時間管理   3.3
資金管理
資金管理   2.7
資材管理
資材管理   3.2
人材管理
人材管理   2.9
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営   1.8
事務処理
事務処理   1.8
経済学・会計学
経済学・会計学   1.4
販売・マーケティング
販売・マーケティング   1.6
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス   1.8
人事労務管理
人事労務管理   1.6
輸送
輸送   1.5
生産・加工
生産・加工   2.2
農業・畜産業
農業・畜産業   1.2
工学
工学   2.1
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学   1.7
設計
設計   1.7
建築・建設
建築・建設   1.5
機械
機械   1.7
数学
数学   1.8
物理学
物理学   1.9
化学
化学   2.0
生物学
生物学   1.2
心理学
心理学   1.2
社会学
社会学   1.1
地理学
地理学   0.9
医学・歯学
医学・歯学   0.9
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング   0.9
教育訓練
教育訓練   1.5
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法   1.2
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法   1.4
芸術
芸術   1.0
歴史学・考古学
歴史学・考古学   1.0
哲学・宗教学
哲学・宗教学   1.0
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理   1.4
法律学、政治学
法律学、政治学   1.3
通信技術
通信技術   1.2
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア   1.4
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的   3.0
研究的
研究的   3.2
芸術的
芸術的   2.7
社会的
社会的   2.8
企業的
企業的   3.0
慣習的
慣習的   3.0
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感   3.3
自律性
自律性   3.1
社会的認知・地位
社会的認知・地位   3.1
良好な対人関係
良好な対人関係   3.0
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性)   3.4
労働安全衛生
労働安全衛生   3.0
組織的な支援体制
組織的な支援体制   3.1
専門性
専門性   3.2
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献   2.8
私生活との両立
私生活との両立   3.0
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり   4.1
対面での議論
対面での議論   3.5
電話での会話
電話での会話   3.5
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成   3.4
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立   3.0
時間的切迫
時間的切迫   3.4
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事   3.2
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触   3.1
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする   3.5
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ   3.5
同一作業の反復
同一作業の反復   3.4
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業   3.2
結果・成果への責任
結果・成果への責任   3.1
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業   3.9
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業   3.1
屋外作業
屋外作業   2.7
座り作業
座り作業   3.3
立ち作業
立ち作業   3.0
反復作業
反復作業   2.7
ミスの影響度
ミスの影響度   3.0
意思決定の自由
意思決定の自由   3.2
仕事の構造化
仕事の構造化   3.3
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業