ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

産業廃棄物処理技術者

印刷する

産業廃棄物処理技術者

職業別名

廃棄物処理施設技術管理者

職業分類

属する産業

サービス業(他に分類されないもの)   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 産業活動の過程で生じる産業廃棄物について、適正・安全な処理やリサイクルを行う方法の開発、処理計画の立案、工程の管理等を行う。  産業廃棄物は、工業、建設業、製造業、サービス業など全ての事業活動に伴って生じるものであり、具体的には、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、金属くず、ガラス及び陶磁器くず、鉱さい、動植物性残さ、動物のふん尿、ばいじん(ダスト)類、がれき類等で、固形状のものと液状のもの(放射性物質及びこれによって汚染された物を除く。)がある。このうち「爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有する廃棄物」を特別管理廃棄物及び特別管理産業廃棄物として規定し、必要な処理基準を設け、通常の廃棄物より厳しい規制を行っている(*1)  なお、産業廃棄物以外の廃棄物は一般廃棄物と呼ばれる。  産業廃棄物は、材料として再利用できるものと、廃棄物として処理するしかないものに分けられるが、廃棄物は一般の製品と違って取り扱い上の注意事項がはっきり示されていない。このため、性質などをよく把握しないで処理すると、爆発や激しい化学反応などを起こして事故にもつながる。また、別の製品の材料として利用できるものがあっても、十分な知識がなければ、リサイクルを進めることはできない。  そのために、産業廃棄物処理技術者は産業廃棄物を分析して特性や組成を把握し、どのような工程や方法で扱えば適正で安全に、費用も安く処理できるか、更にどのように変化させれば材料として再利用できるか等を決定する。このように、技術的知識と関係法令をもとに、適正・安全・経済的に処理できる方法や工程、更にどのように変化させれば材料として再利用できるか等について調査・分析し、処理方式の開発、処理計画の立案や、実施指導等を行う。また、法令に基づいて廃棄物処理施設の適正な維持管理に関する技術指導を行う。 *1 環境省ホームページ 特別管理廃棄物規制の概要

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人検索   (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

求人検索  
(ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

産業廃棄物の再利用や安全で効率的な処理についての技術開発や実施指導等をする。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

52.2 %
排水が基準を満たしているかを調べる。
47.8 %
処理施設の維持管理に関する技術指導をする。
37.0 %
産業廃棄物の特性や組成から、取り扱い方法や処理方法を決定する。
23.9 %
性質や原料の組み合わせのはっきりしない産業廃棄物を分析し、特性や組成を把握する。
17.4 %
産業廃棄物の特性や組成から、材料として再利用する方法を検討する。
8.7 %
産業廃棄物の新しい処理方法を開発し、実用化に向けての試験をする。

就業するには?

 産業廃棄物を分析するためには、分析方法や分析機器に対する知識が必要であるため、高卒者もいるが、大学、大学院などで化学系の課程を修了した人も多い。また、広い知識と経験が必要とされていることから、中途採用者も多い。  入職すると、まず廃棄物処理法をはじめとする法律、廃棄物を処理するシステムなどについての教育を受ける。より専門的な内容は、仕事をしながら習得していく。  関連する施設の運転に必要となる「廃棄物処理施設技術管理者」「特別管理産業廃棄物管理責任者」(日本環境衛生センター)や、「環境計量士」(日本環境測定分析協会)、「公害防止管理者」(産業環境管理協会)など環境測定、公害防止の資格を持っている人が多い。  専門的知識やデータ処理等の技術に加えて、環境や資源を大切にしたいという気持ちがある人に向いている仕事である。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

産業廃棄物処理技術者
産業廃棄物処理技術者

学歴

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 職場は産業廃棄物が排出される地域の周辺が多く、全国にわたっており、主に特別管理産業廃棄物などを分析できる設備を整えた処理会社で働いている。  廃棄物処理施設は悪臭、騒音、振動などがあるが、分析は清潔な部屋で行う必要もあるために、環境面は整っているといえる。  賃金、労働時間等の労働条件は事業所の規定によるが、専門知識や技術が必要で、有害物質等を扱うこともあるため、待遇面ではこれらの点が配慮されていることもある。  環境問題に対する社会の関心が深まり、リサイクルを義務づける法律や条例等による取組みが強化される中、廃棄物処理やリサイクルの専門家として、産業廃棄物処理技術者の仕事はますます重要度を増している。産業廃棄物の収集運搬・処理の低炭素化、新素材等の処理に関する技術の確立等が課題である。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

73,570


労働時間

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

154


時間

賃金

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

494.9


万円

年齢

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

38.3


※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール

グラフの目盛り

読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力   3.1
傾聴力
傾聴力   3.7
文章力
文章力   3.0
説明力
説明力   3.2
外国語を読む
外国語を読む   1.0
外国語を聞く
外国語を聞く   1.0
外国語で書く
外国語で書く   0.7
外国語で話す
外国語で話す   0.8
数学的素養
数学的素養   2.8
科学的素養
科学的素養   2.8
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考)   3.1
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力   2.8
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践   3.0
継続的観察と評価
継続的観察と評価   3.1
他者の反応の理解
他者の反応の理解   3.0
他者との調整
他者との調整   3.5
説得
説得   3.1
交渉
交渉   3.0
指導
指導   3.6
対人援助サービス
対人援助サービス   2.5
複雑な問題解決
複雑な問題解決   3.1
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成)   2.9
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発   2.5
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択   3.3
設置と設定
設置と設定   2.9
プログラミング
プログラミング   2.1
計器監視
計器監視   3.7
操作と制御
操作と制御   3.5
保守点検
保守点検   3.7
故障等の原因特定
故障等の原因特定   3.8
修理
修理   3.6
クオリティチェック
クオリティチェック   3.2
合理的な意思決定
合理的な意思決定   2.9
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析   2.8
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価   2.6
時間管理
時間管理   3.1
資金管理
資金管理   1.9
資材管理
資材管理   2.6
人材管理
人材管理   2.6
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営   1.5
事務処理
事務処理   2.1
経済学・会計学
経済学・会計学   1.1
販売・マーケティング
販売・マーケティング   1.0
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス   1.5
人事労務管理
人事労務管理   1.5
輸送
輸送   1.4
生産・加工
生産・加工   1.5
農業・畜産業
農業・畜産業   0.9
工学
工学   1.7
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学   1.3
設計
設計   1.6
建築・建設
建築・建設   1.3
機械
機械   2.2
数学
数学   1.8
物理学
物理学   1.8
化学
化学   2.2
生物学
生物学   1.5
心理学
心理学   1.2
社会学
社会学   1.3
地理学
地理学   1.2
医学・歯学
医学・歯学   1.0
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング   1.0
教育訓練
教育訓練   1.8
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法   1.3
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法   0.8
芸術
芸術   0.8
歴史学・考古学
歴史学・考古学   0.8
哲学・宗教学
哲学・宗教学   0.9
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理   2.2
法律学、政治学
法律学、政治学   1.5
通信技術
通信技術   1.2
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア   1.4
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的   3.5
研究的
研究的   3.3
芸術的
芸術的   2.4
社会的
社会的   3.2
企業的
企業的   2.9
慣習的
慣習的   3.4
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感   3.2
自律性
自律性   3.0
社会的認知・地位
社会的認知・地位   2.8
良好な対人関係
良好な対人関係   3.1
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性)   2.8
労働安全衛生
労働安全衛生   2.7
組織的な支援体制
組織的な支援体制   2.8
専門性
専門性   3.3
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献   3.1
私生活との両立
私生活との両立   3.0
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり   3.9
対面での議論
対面での議論   3.0
電話での会話
電話での会話   2.9
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成   2.8
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立   2.5
時間的切迫
時間的切迫   3.3
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事   3.2
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触   2.7
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする   3.0
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ   3.4
同一作業の反復
同一作業の反復   3.4
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業   3.3
結果・成果への責任
結果・成果への責任   3.2
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業   3.9
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業   3.6
屋外作業
屋外作業   3.6
座り作業
座り作業   2.8
立ち作業
立ち作業   3.3
反復作業
反復作業   2.9
ミスの影響度
ミスの影響度   3.3
意思決定の自由
意思決定の自由   3.1
仕事の構造化
仕事の構造化   3.1
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業