ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

製版オペレーター、DTPオペレーター

印刷する

製版オペレーター、DTPオペレーター

職業別名

オフセット製版作業員 グラビア製版作業員 スクリーン製版作業員 製版カメラ作業員 電子製版作業員 版下製作作業員

職業分類

属する産業

製造業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 印刷物の制作過程において、仕様に基づいて印刷物の紙面の割り付け作業を行い、印刷するための刷版を作成する。  印刷という作業は、出版印刷でみると、原稿入稿から、組版・製版などのDTP処理を経て刷版を作成するプリプレス工程、印刷機を動かして実際に印刷を行うプレス工程、印刷された刷本(すりほん)を、断裁、丁合、製本など処理を行うポストプレス工程がある。製版はプリプレス工程を指す。  製版は、文字データと画像データをレイアウトデータに基づいてコンピューター上でレイアウトし、最終的に刷版として仕上げる作業を指すが、その工程は、分解、集版、校正に分けることができる。  カラー印刷の場合は、写真・イラストをデザイナーの指示に基づいて色調や濃度の調整、デザイン原稿と出来上がり寸法の倍率調整を行った上で、カラースキャナーを使って原稿を黄・赤・青・黒の4原色に色分解し、4色データを作成する(分解)が、モノクロ印刷の場合もデータの仕様が異なるだけで、工程に違いはない。  具体的な工程としては、まずカラースキャナーで読み取ってデジタル化された写真やイラストの情報をコンピューターのディスプレイ上で確認し、必要であれば修整を行う。次いで、写真とキャプションなどの文字を組み合わせた場合の文字やロゴマークなどの色分けや配置を行い、さらにオリジナルのレイアウトの寸法を測って、貼り込み校了紙のための写真の縮小・拡大に必要な比率を決定して、それに基づいて写真やイラストのトリミング、拡大、縮小などの加工を行う。こうしてできあがった画像データを原稿のレイアウト指示に従って本文の文字データと組み合わせ、印刷原版となる刷版データを作り上げる(集版)。データを原色4枚のフィルムに出力して、印刷原版を作成するか、直接データをDDCPで出力する。カラー製版の方が、色を見て判断する必要があるため、モノクロ印刷の場合より高いスキルが求められる。  印刷原版を元に試験刷りまたはDDCPで出力した校正紙で、誤植やレイアウトの誤り、4枚の版のずれ、色調などを念入りにチェックして修整する(校正)。さらに、注文主のチェックを受けて、必要であれば修整して、次の印刷工程に送る。  最終的に刷版を作成する工程には、アナログ製版とCTP(ダイレクト刷版)の2種類がある。アナログ製版では、組版工程を経て作成された版下を製版フィルムに撮り、これをPS版密着露光させてから現像処理する焼き付け工程により刷版を作成する。これに対して、製版フィルムを作成しないで、DTPで作成したデータを印刷用原板となるPS版にレーザー光線で直接焼き付けて刷版を作製する方式がCTPである。CTPは、製版フィルムを作成する工程が省略されるため、処理時間の短縮やコスト削減に結びつくとともに、刷版作成直前で修正が入っても対応できたり、フィルムからの焼き付けというアナログな工程がないため印刷の品質向上につながるなどのメリットがある。日本の印刷業界は中小規模の企業が圧倒的に多いこともあり、導入費用や操作習熟の負担がかさむなどの理由で導入が進んでいなかったが、現在、急速に普及してきている。  また最近では、刷版を作製しないで、紙面レイアウトしたデジタルデータを高性能レーザープリンターでそのまま印刷するオンデマンド印刷が注目されている。工程が少なく、少部数でも採算がとれるため、大量印刷を得意とする現在主流のオフセット印刷(平版印刷)と違って、多品種少量印刷に向いており、需要に応じた棲み分けが進みつつある。 ◇ よく使う道具、機材、情報技術等  コンピューター、プリンター、カラースキャナー、DDCP、高性能レーザープリンター

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

印刷物の制作過程において、仕様に基づいて印刷物の紙面の割り付け作業を行い、印刷するための刷版(さっぱん)を作成する。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

84.1 %
写真・イラストのトリミング、拡大、縮小の加工をする。
77.8 %
原稿のレイアウトに従って写真と文字を組み合わせ、印刷原版用のデータを作り上げる。
73.0 %
コンピューターのディスプレイ上でデジタル化された写真の確認や修整をする。
68.3 %
文字やロゴマークなどの色分けや配置をする。
61.9 %
オリジナルのレイアウトの寸法を測り、貼り込み校了紙のための写真の縮小・拡大に必要な比率を決定する。
52.4 %
仕様に基づき、写真・イラストを色分解し、4色データを作成する。
50.8 %
発注者のチェックを受けて修整し、次の工程に回す。
36.5 %
データを原色4枚のフィルムに出力して印刷原版を作成するか、DDCP(ダイレクト・デジタル・カラー・プルーフィング)で出力する。
28.6 %
試験刷りまたはDDCPで、誤植や誤り、版のずれ、色調をチェックして修整する。

就業するには?

 入職にあたって、特に学歴や資格は必要とされない。高校、専門学校、大学や職業訓練校で印刷、デザイン、DTP、写真関係の学科を学んでいることが多い。  採用後は、印刷全般に関する研修を受けてから配属され、OJTによって仕事を覚えていくのが一般的である。組版や画像処理などのスキルに加え、製本など最終工程まで視野に入れた作業がこなせるようになることがDTPオペレーターとして一人前と認められる目安となり、5-10年程度の経験が必要とされている。  関連資格として、厚生労働省が定める技能検定に「プリプレス技能士」があり、取得すると技術が評価される。  色彩感覚やデザイン感覚が鋭い人、コンピューターに対する興味がある人が向いている。発注主や営業、デザイナーとの意思疎通なしには作業が進まない仕事であり、印刷や製本など後工程との連携が必要なことから、コミュニケーション能力や協調性は欠かせない。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

製版オペレーター、DTPオペレーター
製版オペレーター、DTPオペレーター
希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 印刷会社の製版部門や、製版を専門とする会社等で働いている。製版専業は全国で1,161事業所、従業員数は18,121人で、年間出荷額は2,725億円となっている(2017年時点*1)。就業者は男性が多いが、最近ではDTPが主流になっており、女性も増えている(*2)。  賃金、労働時間等労働条件は、勤務先の規定による。  納期が決められているため、残業が必要になることも多く、繁忙期には昼夜の二交替制を採ることもある。  職場の環境は、工場労働というよりはオフィス労働に近く、分解・集版の工程では、コンピューターやカラースキャナーなどの操作、校正の工程では、デスク上で出力物の目視検査を行っている。 *1 一般社団法人日本印刷産業連合会 平成29年工業統計を基にした日本の印刷産業の概況から *2 取材結果から

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

製版オペレーター、DTPオペレーターが属する主な職業分類(印刷・製本作業員)の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

全国
208,280
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

労働時間

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
166
時間
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

賃金(年収)

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
434.4
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

年齢

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
41.4
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

(令和元年度)

全国
21.2
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

有効求人倍率

(令和元年度)

全国
1
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

グラフの目盛り

どのようなスキルがどの程度必要かを職業間で比較可能な形で表しています。前職や自分自身のスキルと比較することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力 4.1
傾聴力
傾聴力 3.7
文章力
文章力 3.5
説明力
説明力 3.5
外国語を読む
外国語を読む 1.1
外国語を聞く
外国語を聞く 0.8
外国語で書く
外国語で書く 0.8
外国語で話す
外国語で話す 0.5
数学的素養
数学的素養 1.9
科学的素養
科学的素養 1.1
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考) 2.3
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力 2.8
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践 3.0
継続的観察と評価
継続的観察と評価 2.8
他者の反応の理解
他者の反応の理解 2.8
他者との調整
他者との調整 3.2
説得
説得 2.5
交渉
交渉 2.5
指導
指導 3.0
対人援助サービス
対人援助サービス 2.0
複雑な問題解決
複雑な問題解決 2.6
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成) 2.9
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発 2.1
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択 2.8
設置と設定
設置と設定 2.7
プログラミング
プログラミング 1.6
計器監視
計器監視 1.4
操作と制御
操作と制御 2.2
保守点検
保守点検 1.8
故障等の原因特定
故障等の原因特定 2.3
修理
修理 1.9
クオリティチェック
クオリティチェック 2.9
合理的な意思決定
合理的な意思決定 2.3
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析 2.0
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価 1.7
時間管理
時間管理 2.9
資金管理
資金管理 1.5
資材管理
資材管理 1.7
人材管理
人材管理 1.7

どのような分野の知識が重要であり、必要かを表しています。前職や自分自身の知識と比較し、不足する分野を特定することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営 1.0
事務処理
事務処理 1.5
経済学・会計学
経済学・会計学 0.9
販売・マーケティング
販売・マーケティング 1.1
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス 1.3
人事労務管理
人事労務管理 0.9
輸送
輸送 0.9
生産・加工
生産・加工 1.7
農業・畜産業
農業・畜産業 0.7
工学
工学 0.9
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学 1.6
設計
設計 1.1
建築・建設
建築・建設 0.8
機械
機械 0.9
数学
数学 1.1
物理学
物理学 0.9
化学
化学 0.9
生物学
生物学 0.8
心理学
心理学 1.0
社会学
社会学 1.0
地理学
地理学 0.8
医学・歯学
医学・歯学 0.8
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング 0.7
教育訓練
教育訓練 1.0
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法 2.0
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法 1.2
芸術
芸術 1.6
歴史学・考古学
歴史学・考古学 0.9
哲学・宗教学
哲学・宗教学 0.8
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理 1.2
法律学、政治学
法律学、政治学 1.0
通信技術
通信技術 1.2
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア 1.6

この職業に就いている人はどのようなことに興味がある人が多いかを表しています。自分の職業興味とあっているか、確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的 3.4
研究的
研究的 3.2
芸術的
芸術的 3.4
社会的
社会的 2.9
企業的
企業的 2.9
慣習的
慣習的 3.4

この職業ではどのような点で満足感を得やすいかを表しています。あなたが重要だと思う価値観について満足感を得やすい職業かどうか確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感 3.4
自律性
自律性 3.0
社会的認知・地位
社会的認知・地位 2.5
良好な対人関係
良好な対人関係 2.9
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性) 2.6
労働安全衛生
労働安全衛生 3.1
組織的な支援体制
組織的な支援体制 2.7
専門性
専門性 3.4
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献 2.4
私生活との両立
私生活との両立 2.8

仕事の場所や対人業務の頻度などの、職場環境や仕事の内容などを表しています。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり 3.9
対面での議論
対面での議論 2.7
電話での会話
電話での会話 3.5
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成 3.1
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立 2.4
時間的切迫
時間的切迫 3.8
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事 2.9
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触 2.7
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする 2.7
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ 3.8
同一作業の反復
同一作業の反復 3.4
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業 3.3
結果・成果への責任
結果・成果への責任 3.2
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業 4.7
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業 1.9
屋外作業
屋外作業 1.5
座り作業
座り作業 4.7
立ち作業
立ち作業 1.7
反復作業
反復作業 2.4
ミスの影響度
ミスの影響度 3.5
意思決定の自由
意思決定の自由 3.1
仕事の構造化
仕事の構造化 3.1
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業