ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

航空機開発エンジニア(ジェットエンジン)

印刷する

航空機開発エンジニア(ジェットエンジン)

職業別名

-

職業分類

-

属する産業

製造業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 航空機のジェットエンジンを研究開発する。  現代のジェット機はジェットエンジンと機体を別々の会社が開発し、ジェットエンジンメーカーは機体メーカーからの受注による開発を行うのが一般的である。ここでは航空機開発のうちジェットエンジンの開発を行うエンジニアについて記載する。以下の解説では短く「エンジニア」としている。  ジェットエンジンの開発は、大きく分類して「設計」、「型式証明」、「量産」の3つの段階に分かれる。  まず、「設計」の段階では概念設計、基本設計、詳細設計の順番に行う。  概念設計では機体メーカーの要望を踏まえ、エンジンの主要な仕様(推力、燃費、ファン直径、重量等)を決定する。  次に基本設計ではエンジンに吸入した空気がエンジン内をどのように流れていくか空力検討や構造・レイアウト検討を行う。同時に、潤滑システム、燃料システム、冷却システム、制御システムなどエンジン全体にかかわるシステム設計や圧縮機、燃焼器、タービンなどの各モジュール設計を行う。  詳細設計ではブレード、ディスク、シャフト、軸受、静止部品、補機、制御部品など個々の部品設計を行う。部品設計では熱解析、空力解析、強度解析、振動・衝撃解析等に関する各種計算ソフトを使用する。計算ソフトは自社開発のものもあれば、市販されている汎用ソフトを目的に合わせてカスタマイズして使うものもある。  このような過程を経て設計が確定するとエンジン部品の試作を行ない、空力性能確認、ジェットエンジン特有の問題であるバードストライクなどの強度・信頼性確認、耐久性確認など多くの部品単体試験やエンジン試験を行う。  次に「型式証明」を取得する段階となる。「型式証明」とは、国が民間航空機を対象に機体やエンジン設計が安全基準に適合しているか耐空性を審査・確認する制度であり、認定試験に合格すると各国の航空局から型式証明が発行される。航空局としては例えば米国では連邦航空局(Federal Aviation Administration、通称FAA)、欧州では欧州航空安全機関(European Aviation Safety Agency、通称EASA)がある。この認定試験は耐久性、振動、過温度、バードストライクなどの強度・信頼性試験など大項目だけでも100を超える。この型式証明を取るために認定試験のほかに航空局に提出する認定レポート、メンテナンスマニュアル等各種書類を作成することもエンジニアの仕事である。  型式証明を取得すると「量産」の段階となる。部品を量産し、エンジン組立を行う。量産エンジンが完成すると性能や重量等が設計通りになっているかエンジン出荷試験や各種検査を行った上で、機体メーカーに納品する。部品の量産やエンジン組立にも生産技術や検査技術の面からエンジニアが関わる。  最終的に機体メーカーが開発した機体にエンジンメーカーが開発したエンジンを搭載し、航空機としての完成機となる。その後、エアラインやビジネスジェット運航会社などエンドユーザーに引き渡される。市場で技術的な問題が発見された場合には、メンテナンスやサービスの専門家と共に開発に関わったエンジニアが問題解決にあたる場合もある。 ◇ よく使う道具、機材、情報技術等  計算(解析)ソフト

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

航空機のジェットエンジンを研究開発する。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

39.1 %
これから必要になるエンジンの概念設計について議論する。
39.1 %
整備のためのマニュアル、資料を作成する。
26.1 %
量産プロセスを作成し組み立ての管理を行う。
26.1 %
不具合が生じた場合、原因究明にあたる。
13.0 %
プレリミナリーデザインという仕様決定(推力、燃費、ファン径、重量等の設定)を行う。
13.0 %
既存機器改良の場合、どの部分をどのように改良するか議論・検討する。
13.0 %
CADを使ってサブモジュールの立体モデルを作成、問題点の確認を行う。
8.7 %
強度計算を行って問題点を確認する。
8.7 %
外部に製作を委託する部品の仕様書、設計図を作成する。
8.7 %
決定した仕様に基づきエンジンの2次元断面図を作成する。
8.7 %
エンジンシステムを決めるレベルの情報やモジュールのインターフェイス、温度や圧力の条件を決定する。
8.7 %
開発の詳細設計を行いファンモジュールなどサブシステム設計、燃焼器モジュールなど部品設計に落とし込む。
8.7 %
部品設計を面評価、強度評価、空力設計、振動評価などについて関係者間で詰めて行く。
8.7 %
認可を受けるためのテストを行う。
4.3 %
海外当局の認可を受けるための書類を作成する。
4.3 %
監督官庁(国土交通省)に認可を受けるための書類を作成する。
4.3 %
すべてが完了したら耐久性も含め仕様書通りの性能かエンジニアリングテストを行う。
4.3 %
開発過程を記録、資料を作成する。
0.0 %
委託先の外部業者と部品の内容について協議する。
0.0 %
委託した部品の性能等をテストする。

就業するには?

 入職者の学歴は大卒、大学院卒が90%を越えているが、高専や高校の卒業生もいる。工学系の基礎知識に加え、機械系であれば機械の知識や理論、流体系であれば流体の知識や理論を身につけていることが要求される。就職時に必要な免許や資格はない。  定期採用の他に中途採用によりジェットエンジンメーカーに就職するチャンスもあるが、その場合、産業用ガスタービン等ジェットエンジンに関連する業種からの転職者が多い。機体やジェットエンジン開発経験を活かして転出する者もいるがエアライン会社に転職するという例もある。  航空機の機体メーカーは多くが米国はじめとする外国企業であり、文書や資料はほぼすべて英語である。外国籍のエンジニアとの共同作業も多く、その場合、英語によるコミュニケーションとなる。  一人前のエンジニアになるには担当分野にもよるが概ね入社から数年から10年近くを要する。  エンジニアの専門性は、製図、構造解析、空力解析、燃焼、振動・衝撃解析、制御、材料、生産技術、エンジン組立、各種試験、検査など、多岐にわたっている。  ジェットエンジンの開発は一人でできるものではなく、各専門領域のエンジニアと協力して行うため、コミュニケーション能力や協調性が求められる。チームやプロジェクトをまとめる立場になると、調整能力やリーダーシップが必要になる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

航空機開発エンジニア(ジェットエンジン)
航空機開発エンジニア(ジェットエンジン)
希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。

関連する資格はありません

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 機体開発を含めエンジニアの多くが太平洋ベルト沿いの工業地帯で就業している。航空機産業は欧米がビジネスの中心であるため、国内外問わず、出張や転勤の可能性はある。また、開発や生産の拠点が海外にも存在する場合、開発や生産段階のエンジニアとして海外へ駐在員として赴任する可能性もある。海外出張は会議、学会や展示会等も含めて頻繁に機会がある。  男性エンジニアが多いが女性エンジニアも増加傾向で幅広く活躍している。年齢構成は20歳代から60歳代と幅広い。正社員だけでなく、データ整理や製図作成等指示に基づいて業務をする契約社員のエンジニアもいる。  賃金形態は月給制で収入は安定している。ほとんどの企業が週休2日制を採用している。  航空機開発は複数の国の企業が協力して行っており、世界各国との研究、開発、生産等での分業はこれからも進んでいく方向である。航空機開発のエンジニアは今後も世界各国で活躍すると考えられる。  世界的にみて航空機の需要は拡大し続けており、ジェットエンジンのエンジニアへの期待は大きい。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

航空機開発エンジニア(ジェットエンジン)が属する主な職業分類()の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

全国
調査データはありません

労働時間

全国
調査データはありません

賃金(年収)

全国
調査データはありません

年齢

全国
調査データはありません

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

全国
調査データはありません

有効求人倍率

全国
調査データはありません
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

グラフの目盛り

どのようなスキルがどの程度必要かを職業間で比較可能な形で表しています。前職や自分自身のスキルと比較することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力 4.5
傾聴力
傾聴力 4.4
文章力
文章力 4.4
説明力
説明力 4.4
外国語を読む
外国語を読む 4.3
外国語を聞く
外国語を聞く 3.3
外国語で書く
外国語で書く 3.6
外国語で話す
外国語で話す 3.3
数学的素養
数学的素養 4.3
科学的素養
科学的素養 4.3
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考) 4.1
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力 4.3
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践 3.9
継続的観察と評価
継続的観察と評価 3.9
他者の反応の理解
他者の反応の理解 3.7
他者との調整
他者との調整 3.8
説得
説得 3.9
交渉
交渉 3.4
指導
指導 3.9
対人援助サービス
対人援助サービス 2.9
複雑な問題解決
複雑な問題解決 3.9
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成) 4.3
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発 3.8
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択 3.9
設置と設定
設置と設定 3.7
プログラミング
プログラミング 3.5
計器監視
計器監視 3.6
操作と制御
操作と制御 3.7
保守点検
保守点検 3.7
故障等の原因特定
故障等の原因特定 3.8
修理
修理 3.5
クオリティチェック
クオリティチェック 3.9
合理的な意思決定
合理的な意思決定 3.3
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析 3.5
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価 3.1
時間管理
時間管理 3.7
資金管理
資金管理 2.7
資材管理
資材管理 3.1
人材管理
人材管理 3.2

どのような分野の知識が重要であり、必要かを表しています。前職や自分自身の知識と比較し、不足する分野を特定することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営 1.7
事務処理
事務処理 2.2
経済学・会計学
経済学・会計学 1.7
販売・マーケティング
販売・マーケティング 1.4
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス 1.6
人事労務管理
人事労務管理 1.4
輸送
輸送 1.7
生産・加工
生産・加工 2.4
農業・畜産業
農業・畜産業 0.8
工学
工学 2.9
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学 2.4
設計
設計 2.9
建築・建設
建築・建設 1.4
機械
機械 3.0
数学
数学 2.8
物理学
物理学 2.8
化学
化学 2.3
生物学
生物学 1.3
心理学
心理学 1.4
社会学
社会学 1.4
地理学
地理学 1.3
医学・歯学
医学・歯学 1.0
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング 0.9
教育訓練
教育訓練 2.1
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法 1.7
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法 2.0
芸術
芸術 1.0
歴史学・考古学
歴史学・考古学 0.9
哲学・宗教学
哲学・宗教学 0.9
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理 1.7
法律学、政治学
法律学、政治学 1.5
通信技術
通信技術 1.8
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア 1.4

この職業に就いている人はどのようなことに興味がある人が多いかを表しています。自分の職業興味とあっているか、確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的 3.7
研究的
研究的 3.6
芸術的
芸術的 3.0
社会的
社会的 3.1
企業的
企業的 3.1
慣習的
慣習的 3.1

この職業ではどのような点で満足感を得やすいかを表しています。あなたが重要だと思う価値観について満足感を得やすい職業かどうか確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感 3.3
自律性
自律性 3.1
社会的認知・地位
社会的認知・地位 3.0
良好な対人関係
良好な対人関係 3.3
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性) 3.3
労働安全衛生
労働安全衛生 3.2
組織的な支援体制
組織的な支援体制 3.1
専門性
専門性 3.6
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献 3.0
私生活との両立
私生活との両立 3.1

仕事の場所や対人業務の頻度などの、職場環境や仕事の内容などを表しています。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり 4.0
対面での議論
対面での議論 3.9
電話での会話
電話での会話 3.7
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成 3.4
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立 3.3
時間的切迫
時間的切迫 3.3
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事 3.4
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触 2.8
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする 3.3
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ 3.3
同一作業の反復
同一作業の反復 3.3
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業 2.9
結果・成果への責任
結果・成果への責任 3.3
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業 4.4
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業 2.8
屋外作業
屋外作業 2.3
座り作業
座り作業 3.7
立ち作業
立ち作業 2.3
反復作業
反復作業 2.2
ミスの影響度
ミスの影響度 3.1
意思決定の自由
意思決定の自由 3.3
仕事の構造化
仕事の構造化 3.3
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業