ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

NC工作機械オペレーター

印刷する

NC工作機械オペレーター

職業別名

-

職業分類

-

属する産業

製造業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 コンピューターによる数値制御(NC)により運転を行うNC工作機械を操作して金属材料を切削加工する。  工作機械は金属切削工作機械とも呼ばれ、金属加工物を切削(せっさく)や研削(けんさく)によって所定の形状に作り上げる機械で、作業者がハンドルを回して操作する「汎用工作機械」と「NC工作機械」がある。NC工作機械は、加工精度のばらつきが少ない、作業者の技量に依存しない加工が可能で、1人で複数の機械を操作できるため作業員が少なくて済み、加工工程を効率化できるなどの利点があり、現在の日本の工作機械生産額の90%以上(*1)をNC工作機械が占めている。  工作機械は、用途によって細かく分けると約300種類もの機種があるが、主なものとしては、旋盤、穴あけ加工のボール盤、穴の大きさを加工する中ぐり盤、平面・曲面加工するフライス盤、切削工具ではなく砥石車を使う研削盤、歯車の歯を切り出す歯切り盤などがあり、NC機能を装備することによりNC旋盤、NCフライス盤などと呼ばれる。  生産効率が良いことから現在広く使われているのは、複数の旋盤機能を搭載して、ATC機能を装備することにより旋削(せんさく)加工だけでなくフライス削り(フライス盤と言われる手動で軸を動かして加工をする)や穴あけなども1台でこなすターニングセンターや、旋削加工から中ぐり、穴あけ、ねじ立て、リーマ仕上げまで多種類の加工を1台で連続して行えるマシニングセンター(MC)である。  NC工作機械を操作するNCオペレーターの仕事は、プログラミングとオペレーティングの2種類に分かれる。プログラミングとは、工作機械に作業内容を「教える」ティーチング作業であり、オペレーティングは工作機械がプログラミング通りに動くかどうかをチェックする作業で、機械操作や完成品のチェックまで行う。  具体的な作業手順は、まずプログラミングを行う。プログラミングの手順は、図面から加工形状を確認して、使用する治具や工具などを決める。座標系(x,y,zの3軸)を設定し、使用工具の順番、回転方向や回転数、切削速度などの加工手順や切削条件を設定する。次いで図面通りの形状を実現できるように工具を動かす移動指令や、処理が終わったら加工の終了指令を出すように設定するという流れになる。  NCプログラミングには、オペレーターが座標計算シートに座標や移動量などを記入して、それをもとにNCデータを生成するマニュアルプログラミングと自動プログラミングがある。自動プログラミングには、CAD/CAMシステムを使うものとNC装置のプログラミング機能を使うものがある。作業人員やNCデータ作成時間が少なくて済むなどの利点があり、多種類の複雑な加工を行う場合は自動プログラミングを使用するのが一般的である。  プログラミングが完成したら、パソコン上でシミュレーションして、図面通りの加工ができることを確認したら、材料をつけないまま空運転して、干渉などの物理的な問題点がないかチェックして、すべてOKとなったらオペレーティングに移る。  工具の在庫を確認し、摩耗や欠けがないかどうか顕微鏡で確認してから工作機械にセットする。次いで、加工材料を固定する治具(じぐ)をセットし、その治具に加工材料をセットして、機械の軸に対して加工材料の平行や直角の位置調整を行う。高精度計測器のスタイラスで加工材料の中心を測定する。準備がすべて終わったらプログラムを読み込むと、プログラムに従って自動で加工が行われる。ものによっては数十時間かかる場合もあるが、自動運転なので夜間でも加工でき、作業員が常時見ている必要もない。加工が終わったら完成品のチェックを行う。  終業前には、工具の摩耗検査や機械の清掃を手順書に沿って実施する。 *1 一般社団法人日本機械工業連合会ホームページから ◇ よく使う道具、機材、情報技術等  コンピューター、NC工作機械、金属切削工作機械、汎用工作機械、旋盤、ボール盤、中ぐり盤、フライス盤、切削工具、砥石車研削盤、歯切り盤、NC旋盤、NCフライス盤、フライス盤、ターニングセンター、マシニングセンター、治具、CAD、CAM、顕微鏡、高精度計測器、スタイラス切削工具

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

コンピューターによる数値制御(NC)により運転を行うNC工作機械を操作して金属素材を切削加工する。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

79.4 %
材料の取付をする。
73.0 %
機械の清掃をする。
73.0 %
プログラムの入力・編集をする。
73.0 %
工作物の取り付けをする。
68.3 %
工具のセッティングをする。
68.3 %
連続・自動運転をする。
66.7 %
取付具のセットをする。
66.7 %
補正値の入力をする。
65.1 %
切削の条件や加工工程、工具選定などを組み込んだプログラムを作成する。
63.5 %
工具の摩耗をチェックをする。
60.3 %
設計書をもとに加工手順を確認する。
60.3 %
試運転しプログラムをチェックする。
47.6 %
プログラムの転送をする。
47.6 %
試し加工と評価をする。
41.3 %
ツールリストの作成をする。

就業するには?

 入職にあたって、特に学歴や資格は必要とされない。学歴は工業系の高校卒業者多い。中途採用では、同業からの転職者が多い。  入職後の訓練は、事業所によって異なり、例えば1年くらいの訓練期間が設けられ、基礎として必要な知識を身につけながら実技を通して技能を磨いていく場合と、短期間の新人研修を受けた後、現場に配属されOJTなどの実地訓練によって技能を習得していく場合などがある。  キャリアパスとしては、作業員として経験を積んでリーダー(係長や課長)になり、その後はマネジメントに進むか、知識、技能を高めスペシャリストの道を進むのが一般的である。  関連資格としては、厚生労働省が定める技能検定の「機械加工技能士」がある。試験は、汎用工作機械及びNC工作機械の種類によって区分されている。  必要な知識としては、工作機械、切削加工法、切削工具、材料、プログラミング、測定法、図面の読み取りなどがある。また、実技能力としては、NCフライス盤の的確な操作、NCプログラムの作成、加工の段取り、加工状況に対する的確な判断と素早い対応などが求められる。最近の工作機械には新しい技術が次々に導入されているので、技術面での新たな動きに関心を持つことも大切である。  平面・立体の図形を理解できる空間判断力や、プログラミングのために数理能力が求められる。また、機械操作では加工状況を目で見て的確に判断し、手を速かに動かすことも必要である。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

NC工作機械オペレーター
NC工作機械オペレーター
希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 勤務先は機械メーカー、機械部品メーカー等である。NC工作機械は大企業から個人経営の工場に至るまで各産業分野で広く使われており、職場も大工業地帯だけでなく、地方での工場立地に伴い全国各地に広がっている。  就業者は男性が多いが、女性も増えている。  賃金、労働時間等労働条件は、勤務先の規定による。労働時間は日勤が一般的であるが、一部の大企業では日勤・夜勤の交替制を取っているところもある。プログラミングが済むと、機械は自動運転となるため、汎用型の場合と違って、オペレーターは複数の機械を受け持つようになっている。このため、プログラミングやオペレーションに留まらず、加工スケジュールや生産管理も担当することがある。  AIの発達により熟練工の技を共有できるようになると、将来的にはNC工作機械オペレーターの働き方に大きな変化が生じる可能性がある。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

NC工作機械オペレーターが属する主な職業分類()の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

全国
調査データはありません

労働時間

全国
調査データはありません

賃金(年収)

全国
調査データはありません

年齢

全国
調査データはありません

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

全国
調査データはありません

有効求人倍率

全国
調査データはありません
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

グラフの目盛り

どのようなスキルがどの程度必要かを職業間で比較可能な形で表しています。前職や自分自身のスキルと比較することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力 3.4
傾聴力
傾聴力 3.0
文章力
文章力 2.8
説明力
説明力 3.0
外国語を読む
外国語を読む 1.2
外国語を聞く
外国語を聞く 0.9
外国語で書く
外国語で書く 0.8
外国語で話す
外国語で話す 0.7
数学的素養
数学的素養 3.2
科学的素養
科学的素養 2.1
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考) 2.6
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力 2.8
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践 3.1
継続的観察と評価
継続的観察と評価 2.9
他者の反応の理解
他者の反応の理解 2.7
他者との調整
他者との調整 2.9
説得
説得 2.7
交渉
交渉 2.2
指導
指導 3.4
対人援助サービス
対人援助サービス 2.1
複雑な問題解決
複雑な問題解決 3.0
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成) 3.1
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発 2.4
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択 3.5
設置と設定
設置と設定 3.3
プログラミング
プログラミング 3.5
計器監視
計器監視 3.2
操作と制御
操作と制御 3.7
保守点検
保守点検 3.4
故障等の原因特定
故障等の原因特定 3.6
修理
修理 3.3
クオリティチェック
クオリティチェック 3.5
合理的な意思決定
合理的な意思決定 2.6
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析 2.3
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価 2.2
時間管理
時間管理 2.9
資金管理
資金管理 1.4
資材管理
資材管理 2.3
人材管理
人材管理 1.7

どのような分野の知識が重要であり、必要かを表しています。前職や自分自身の知識と比較し、不足する分野を特定することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営 0.9
事務処理
事務処理 1.1
経済学・会計学
経済学・会計学 0.8
販売・マーケティング
販売・マーケティング 0.7
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス 0.9
人事労務管理
人事労務管理 0.8
輸送
輸送 0.9
生産・加工
生産・加工 3.0
農業・畜産業
農業・畜産業 0.6
工学
工学 2.0
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学 1.6
設計
設計 2.0
建築・建設
建築・建設 0.7
機械
機械 2.9
数学
数学 2.2
物理学
物理学 1.4
化学
化学 1.0
生物学
生物学 0.7
心理学
心理学 0.8
社会学
社会学 0.8
地理学
地理学 0.6
医学・歯学
医学・歯学 0.6
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング 0.6
教育訓練
教育訓練 1.4
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法 1.0
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法 0.7
芸術
芸術 0.6
歴史学・考古学
歴史学・考古学 0.6
哲学・宗教学
哲学・宗教学 0.6
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理 0.9
法律学、政治学
法律学、政治学 0.6
通信技術
通信技術 0.9
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア 0.8

この職業に就いている人はどのようなことに興味がある人が多いかを表しています。自分の職業興味とあっているか、確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的 3.4
研究的
研究的 2.9
芸術的
芸術的 2.6
社会的
社会的 2.5
企業的
企業的 2.6
慣習的
慣習的 3.0

この職業ではどのような点で満足感を得やすいかを表しています。あなたが重要だと思う価値観について満足感を得やすい職業かどうか確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感 3.5
自律性
自律性 3.3
社会的認知・地位
社会的認知・地位 2.7
良好な対人関係
良好な対人関係 2.8
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性) 3.0
労働安全衛生
労働安全衛生 2.9
組織的な支援体制
組織的な支援体制 2.8
専門性
専門性 3.2
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献 2.6
私生活との両立
私生活との両立 2.9

仕事の場所や対人業務の頻度などの、職場環境や仕事の内容などを表しています。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり 3.2
対面での議論
対面での議論 2.8
電話での会話
電話での会話 2.6
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成 2.4
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立 2.4
時間的切迫
時間的切迫 3.3
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事 3.0
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触 2.6
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする 2.8
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ 3.8
同一作業の反復
同一作業の反復 3.6
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業 3.7
結果・成果への責任
結果・成果への責任 3.1
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業 3.3
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業 2.5
屋外作業
屋外作業 1.7
座り作業
座り作業 1.9
立ち作業
立ち作業 3.9
反復作業
反復作業 3.0
ミスの影響度
ミスの影響度 3.2
意思決定の自由
意思決定の自由 3.0
仕事の構造化
仕事の構造化 3.2
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業