ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

アロマセラピスト

印刷する

アロマセラピスト

職業別名

-

属する産業

生活関連サービス業,娯楽業、医療,福祉   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 美と健康の維持・増進を目的に、精油(植物精油)の専門知識に基づき顧客に精油をブレンドしたアロマオイルを使ってトリートメントを行う。  アロマセラピー(アロマテラピー)は、植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を用いて心身を整え、健康や美容に役立てていくものである。精油を拡散して香りを楽しむことで、心と身体のバランスを整える芳香浴法、精油を入れた湯に全身又は一部を浸ける沐浴法、精油成分を鼻や口から吸入することで、呼吸器系の不調を緩和する吸入法、顔に精油成分を含んだ蒸気をあてることにより、血行を促進し、皮膚に潤いを与えるフェイシャルスチーム、湯(又は水)で温めた(又は冷やした)タオルなどの布を、身体の一部にあてる湿布法、精油を希釈したトリートメントオイルを身体や顔に塗布するトリートメント法などの様々な利用法を用いる。  アロマセラピストは精油がもたらす心地よい香りと特性を用いて顧客の休養の質を高め、健康づくりを助ける。同時に行き届いたサービスも重要となる。アロマセラピーについて専門知識に基づく説明や助言とともに顧客が安心して施術を受けられる接客を行う。また、サロン内の清潔感を保ち、タオル、シーツ、室内の備品等を整える。リラックスして施術を受けてもらうためのBGMの選定などにも気を配る。予約の電話応対、会計処理等事務作業を行う場合も多い。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人検索   (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

求人検索  
(ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

お客の美と健康の維持や増進を目的に、植物精油が持つ香りと特性を活用してアロマセラピーを行う。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

74.2 %
お客がリラックスし、気持ちが安らぐように話題を選び、会話をする。
72.6 %
お客がリラックスできるように部屋を整える。
71.0 %
お客が記入したシートをもとにカウンセリングをする。
67.7 %
その日の体調や気分から、お客と一緒に植物精油を選ぶ。
67.7 %
精油を使用して肌のトリートメントをする。
64.5 %
トリートメントに必要な精油や道具を調達する。
64.5 %
ゆっくりくつろげるようなヒーリングミュージックをかける。
64.5 %
使用済みのタオルやシーツなどを洗濯する。
59.7 %
精油やトリートメントの効果をお客に説明する。
51.6 %
ハーブティーを入れ、お客に提供する。
29.0 %
精油や化粧品を販売する。

就業するには?

 入職にあたって、特に学歴や資格は必要とされないが、アロマセラピーに関連する民間資格を取得している者がほとんどである。  例えば、日本アロマ環境協会ではアロマテラピー検定(アロマセラピーの基礎知識に関する検定)、アロマセラピスト試験及び認定を行っている。同協会ではアロマセラピスト学科試験(アロマテラピーアドバイザーの資格が受験の前提条件)、ボディトリートメント実技試験、カルテ審査のそれぞれに合格した者を同協会認定アロマセラピストとして認定している。  アロマセラピストは養成機関や美容系の専門学校などで、アロマセラピーについての専門知識、心身の健康(解剖学・生理学・衛生学・皮膚科学・健康一般・リラクゼーション・ストレスケア)に関する専門知識、トリートメント(ボディトリートメント・フェイシャルトリートメント)に関する専門知識と技術、コンサルテーション・接客に関する専門知識と技術を身につける。  アロマセラピストがリラクゼーションに関連する他の資格も取得したり、経験を積むことでアロマセラピーの施術も含め広い範囲のサービスを提供する場合もある。なお、マッサージは、国家資格「あん摩マッサージ指圧師」があり、無資格で行為を行うことはできない。  中途採用は比較的多く、専門性・技術レベルに合わせて転職するケースもある。1~2年の技能習得及び資格取得の期間を経て、アロマセラピー関連施設へ就職し、フリーランスとして独立し、個人で顧客を施術したり、企業からの派遣でアロマテラピーのイベントを実施したり、アロマスクールでアロマセラピストを育てる講師として教えることもできる。  勤務が長くなればリーダーやチーフを任されることもある。こういった立場になると、日々の施術や事務作業のほかに後輩への指導やマネジメントも仕事に加わる。  入職後も、アロマセラピーの専門知識のみならず、心身の健康、トリートメント技術、コンサルテーション、接客技術の向上が求められる。就職先によっては、スクールや講座に通ってスキルアップすることを求められる場合もある。  人と接することが好きであること、顧客の心身の状態に対して共感を示し、サポートする姿勢が求められる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

アロマセラピスト
アロマセラピスト

学歴

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 アロマセラピストはアロマセラピーサロン、アロマ専門ショップや美容サロンなどに所属したり、ホテルや温泉施設、スポーツジムやスパなどの健康管理施設、福利厚生施設、福祉施設等で働いている。フリーランスとして個人で働いたり、独立開業する場合もある。地域としては商店街・ビジネス街などの都市中心部、住宅地、リゾート地など多様である。  就業者の多くは女性である。年齢は20歳代から50歳代と幅が広い。  勤務形態は正社員・パート・アルバイトなど事業所により多様である。お客の多い土日祝日に勤務することが多く、休日は平日に取ることが多い。店舗などは営業時間が長く、シフト制で働くことが多い。  リラクゼーションや癒しへの関心は高まっており、医療関係施設・福祉関係施設などでも、アロマトリートメントを取り入れる動きがある。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

365,770


労働時間

調査データはありません


賃金

調査データはありません


年齢

調査データはありません


※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール

グラフの目盛り

読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力   3.3
傾聴力
傾聴力   4.8
文章力
文章力   3.2
説明力
説明力   4.0
外国語を読む
外国語を読む   1.6
外国語を聞く
外国語を聞く   1.5
外国語で書く
外国語で書く   1.1
外国語で話す
外国語で話す   1.5
数学的素養
数学的素養   1.5
科学的素養
科学的素養   1.3
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考)   2.4
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力   3.3
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践   3.0
継続的観察と評価
継続的観察と評価   2.8
他者の反応の理解
他者の反応の理解   3.9
他者との調整
他者との調整   3.2
説得
説得   3.2
交渉
交渉   2.9
指導
指導   3.2
対人援助サービス
対人援助サービス   3.2
複雑な問題解決
複雑な問題解決   2.6
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成)   1.9
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発   2.1
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択   2.4
設置と設定
設置と設定   1.9
プログラミング
プログラミング   1.1
計器監視
計器監視   1.0
操作と制御
操作と制御   1.3
保守点検
保守点検   1.3
故障等の原因特定
故障等の原因特定   1.0
修理
修理   1.0
クオリティチェック
クオリティチェック   1.6
合理的な意思決定
合理的な意思決定   2.0
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析   1.8
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価   1.9
時間管理
時間管理   3.2
資金管理
資金管理   2.3
資材管理
資材管理   1.9
人材管理
人材管理   2.1
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営   1.9
事務処理
事務処理   2.1
経済学・会計学
経済学・会計学   1.5
販売・マーケティング
販売・マーケティング   2.1
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス   3.2
人事労務管理
人事労務管理   1.3
輸送
輸送   0.5
生産・加工
生産・加工   0.8
農業・畜産業
農業・畜産業   0.6
工学
工学   0.5
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学   0.7
設計
設計   0.5
建築・建設
建築・建設   0.4
機械
機械   0.6
数学
数学   0.7
物理学
物理学   0.6
化学
化学   1.1
生物学
生物学   1.4
心理学
心理学   2.7
社会学
社会学   1.8
地理学
地理学   0.6
医学・歯学
医学・歯学   1.8
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング   3.2
教育訓練
教育訓練   1.6
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法   1.7
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法   1.1
芸術
芸術   0.9
歴史学・考古学
歴史学・考古学   0.9
哲学・宗教学
哲学・宗教学   1.0
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理   1.3
法律学、政治学
法律学、政治学   1.0
通信技術
通信技術   0.7
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア   1.5
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的   3.2
研究的
研究的   3.5
芸術的
芸術的   3.2
社会的
社会的   3.9
企業的
企業的   3.2
慣習的
慣習的   3.1
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感   4.0
自律性
自律性   3.8
社会的認知・地位
社会的認知・地位   3.0
良好な対人関係
良好な対人関係   3.8
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性)   2.9
労働安全衛生
労働安全衛生   3.5
組織的な支援体制
組織的な支援体制   2.7
専門性
専門性   4.0
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献   3.8
私生活との両立
私生活との両立   3.7
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり   4.4
対面での議論
対面での議論   3.5
電話での会話
電話での会話   3.9
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成   3.1
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立   2.7
時間的切迫
時間的切迫   3.2
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事   2.8
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触   3.9
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする   3.1
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ   3.5
同一作業の反復
同一作業の反復   3.1
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業   2.5
結果・成果への責任
結果・成果への責任   3.1
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業   4.6
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業   2.0
屋外作業
屋外作業   1.7
座り作業
座り作業   2.7
立ち作業
立ち作業   3.7
反復作業
反復作業   3.0
ミスの影響度
ミスの影響度   3.2
意思決定の自由
意思決定の自由   3.9
仕事の構造化
仕事の構造化   3.8
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業