ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

Webデザイナー

印刷する

Webデザイナー

職業別名

ウェブクリエイター ホームページデザイナー

職業分類

属する産業

学術研究,専門・技術サービス業、情報通信業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 企業、学校、官公庁などがインターネット上に設けたWeb(ウェブ)サイトの企画・デザイン・制作を行う。Webクリエイターとも呼ばれる。  Webサイトは「ホームページ」とも呼ばれ、広報、広告宣伝やマーケティング、商品販売など様々な目的で活用されている。  まず、依頼者の要望を聞いて開設するサイトの目的を明確にし、閲覧者の動向を踏まえて、どのようなサイトを制作するのかといったコンセプトを決め、あわせて開発スケジュールや運営体制などを決定する。次に、コンセプトに基づいて画面のデザインやレイアウト、提供する機能など細かい内容を決める。  各ページに掲載するコメントや画像を作成してから、htmlやCSSなどの専用のプログラム言語を用いて、サイトを制作する。検索や掲示板などの機能を使用するため、他のプログラムを組み合わせることもある。  動作確認を行って使いやすさを確認し、不具合が発生した場合には必要な修正を加えて、Webサイトをオープンする。  小さなサイトの場合は一人ですべてをこなすこともあるが、企業などが作成する数百ページにも及ぶサイトの場合などは、ページのデザイン、画像の作成、サイト制作の進行管理など、分業して制作を行う。また、写真家、コピーライター、プログラマーなど他の職種と分業を行うことも多い。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人検索   (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

求人検索  
(ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

企業、学校、官公庁などがインターネット上に設けたWeb(ウェブ)サイトの企画・デザイン・制作を行う。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

72.7 %
既に運用しているWebサイトのページやデザインを修正・変更する。
71.2 %
htmlやCSSなどのプログラミング言語を用いて、Webサイトを制作する。
71.2 %
画面のデザインやレイアウト、提供する機能などの仮案を作成する。
69.7 %
各ページに用いる素材(写真、イラスト、アイコン、ロゴ等)を自分で作成・加工する。
68.2 %
Webサイトに掲載する情報(文書、図表等)を作成する。
68.2 %
Webサイトに掲載する情報(文書、図表等)の修正、変更等をする。
62.1 %
動作確認を行い、不具合が発生した場合には必要な修正を行う。
57.6 %
Webサイトを公開し、必要に応じてアフターフォローやメンテナンスを行う。
54.5 %
制作するWebサイトのコンセプト(方向性)を決める。
54.5 %
作成した仮案を依頼主に見せ、了承を得る。
47.0 %
依頼主と打ち合わせを行い、目的、内容、予算、納品期日などを確認する。
42.4 %
CMS(コンテンツマネジメントシステム)などを使用したWebサイト制作を行う。
37.9 %
共同作業するスタッフと協議し、アイディアをまとめる。
25.8 %
Webサイトに掲載する情報(文書、図表等)に関して、電話やメール、訪問等により取材を行う。
21.2 %
カメラマンやイラストレーター、デザイナー等に素材(写真、イラスト、アイコン、ロゴ等)の制作を依頼または指示する。
10.6 %
Webサイトの制作を外注先に依頼する。

就業するには?

 入職にあたって、特に学歴や資格は必要とされないが、デザインの基礎知識・技術は必要となる。また、コンピュータの知識は必須であり、大学、短大、専門学校などで知識を身につければ有利である。  中途採用の場合は、DTPデザイナーやプログラマーなど関連する職種以外にも、コンテンツ関連を扱う様々な分野の職種からの転職者がいる。  Webサイトの企画制作の専門会社に就職し、写真や画像加工など素材作りからスタートする。経験を積んで実力をつけ、徐々にページ全体のデザインを行うようになる。  利用者に支持されるサイトを作ることができるかという個人のスキルが問われる職業のため、実績を積んでフリーランスになる場合もある。  関連資格としては、厚生労働省の定める技能検定の「ウェブデザイン技能士」がある。  Webサイトのデザインでは、何よりも表現力が求められる。さらに、伝えたいことをインターネットの特徴を生かして表現する技術も必要である。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

Webデザイナー
Webデザイナー

学歴

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 勤務先はWebサイトの制作会社、一般企業などのWebサイト作成・管理部門等である。Webサイトの制作会社は社員数が10~20人ほどの小さな会社が多く、SOHO(Small Office Home Office: 自宅や賃貸住宅をオフィスとして活用すること)の場合もある。  正社員のほか、派遣社員、フリーランスなどとして働くこともある。20歳代から30歳代までの若い人が多く、比較的女性の割合も高い。また、チームを指揮するWebディレクター層では、30歳~40歳代の就業者が多い。  雇用労働者は、原則として週休二日制の会社が多いが、変形労働時間制を採用し、比較的自由に休みを取れる勤務形態の場合がある。  ただし、締め切りが迫っていたり、トラブルが発生したりすると、夜間や休日に仕事をすることもあり、勤務時間は不規則になりがちである。Webサイト運用に関わっている場合は、最新の情報を掲載するため昼夜を問わない作業が求められる場合もある。  インターネットの技術進歩は急速であり、動画の活用を中心とした表現の幅が広がってきている。また、書籍、新聞の電子化(出版業界の電子化)、言語別(英語、中国語など)にWebサイトを表示させるなどの動きもあり、今後の需要の伸びも高いと予想される。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

193,830


労働時間

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

166


時間

賃金

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

432.8


万円

年齢

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

37


※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール

グラフの目盛り

読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力   4.3
傾聴力
傾聴力   4.3
文章力
文章力   4.2
説明力
説明力   4.1
外国語を読む
外国語を読む   1.7
外国語を聞く
外国語を聞く   0.9
外国語で書く
外国語で書く   1.1
外国語で話す
外国語で話す   0.8
数学的素養
数学的素養   2.2
科学的素養
科学的素養   1.2
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考)   3.1
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力   3.8
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践   3.4
継続的観察と評価
継続的観察と評価   3.3
他者の反応の理解
他者の反応の理解   3.3
他者との調整
他者との調整   3.7
説得
説得   3.2
交渉
交渉   3.1
指導
指導   2.6
対人援助サービス
対人援助サービス   2.2
複雑な問題解決
複雑な問題解決   3.0
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成)   3.4
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発   3.3
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択   3.1
設置と設定
設置と設定   2.6
プログラミング
プログラミング   3.7
計器監視
計器監視   1.3
操作と制御
操作と制御   1.8
保守点検
保守点検   1.5
故障等の原因特定
故障等の原因特定   2.0
修理
修理   1.7
クオリティチェック
クオリティチェック   3.3
合理的な意思決定
合理的な意思決定   2.6
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析   1.7
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価   1.5
時間管理
時間管理   3.0
資金管理
資金管理   1.7
資材管理
資材管理   1.4
人材管理
人材管理   1.1
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営   1.3
事務処理
事務処理   2.0
経済学・会計学
経済学・会計学   1.1
販売・マーケティング
販売・マーケティング   2.1
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス   2.0
人事労務管理
人事労務管理   0.8
輸送
輸送   0.6
生産・加工
生産・加工   1.1
農業・畜産業
農業・畜産業   0.5
工学
工学   1.1
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学   2.3
設計
設計   1.8
建築・建設
建築・建設   0.8
機械
機械   0.9
数学
数学   1.4
物理学
物理学   0.8
化学
化学   0.6
生物学
生物学   0.6
心理学
心理学   1.6
社会学
社会学   1.3
地理学
地理学   0.7
医学・歯学
医学・歯学   0.6
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング   0.6
教育訓練
教育訓練   0.8
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法   2.2
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法   1.2
芸術
芸術   1.9
歴史学・考古学
歴史学・考古学   0.8
哲学・宗教学
哲学・宗教学   0.8
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理   1.5
法律学、政治学
法律学、政治学   1.1
通信技術
通信技術   1.9
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア   2.5
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的   3.6
研究的
研究的   3.4
芸術的
芸術的   3.7
社会的
社会的   3.2
企業的
企業的   3.3
慣習的
慣習的   3.2
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感   3.7
自律性
自律性   3.6
社会的認知・地位
社会的認知・地位   2.9
良好な対人関係
良好な対人関係   3.3
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性)   2.8
労働安全衛生
労働安全衛生   3.5
組織的な支援体制
組織的な支援体制   2.8
専門性
専門性   4.0
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献   2.9
私生活との両立
私生活との両立   3.2
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり   3.8
対面での議論
対面での議論   2.9
電話での会話
電話での会話   2.8
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成   3.1
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立   2.2
時間的切迫
時間的切迫   3.3
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事   3.0
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触   3.1
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする   2.9
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ   3.8
同一作業の反復
同一作業の反復   3.2
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業   2.8
結果・成果への責任
結果・成果への責任   3.3
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業   4.4
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業   1.9
屋外作業
屋外作業   1.4
座り作業
座り作業   4.9
立ち作業
立ち作業   1.3
反復作業
反復作業   2.2
ミスの影響度
ミスの影響度   3.0
意思決定の自由
意思決定の自由   3.5
仕事の構造化
仕事の構造化   3.6
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業