ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

パイロット

印刷する

パイロット

職業別名

機長 航空機副操縦士 ヘリコプター操縦士

職業分類

属する産業

運輸業,郵便業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 乗客や貨物を運ぶ国内・国際路線の航空機を操縦したり、写真撮影、遊覧飛行、航空測量などを行う小型飛行機やヘリコプターを操縦する。  ここでは旅客機のパイロットについて記述する。  旅客機は、機長と副操縦士が協力して操縦を行う。機長は、飛行についての全責任を負い、他の乗務員の指揮監督も行う。機長を含むパイロットは、航空機の操縦のほか、地上の航空管制官との通信、飛行計器類の監視などを行う。副操縦士は、機長に不測の事態が生じた場合、直ちにその職務を引き継ぐ。  出発前に気象データなどを考慮にいれて、ディスパッチャー(運航管理者)とともに安全で経済的な飛行プランを立案し、飛行高度・飛行速度や燃料の量などを決定する。エンジンや操縦装置・計器の点検を行った後、離陸する。飛行中は飛行プランを守って運航し、地上の管制機関と交信したり、通信モニターや計器の監視をするなど、常に安全運航に気を配る。また、病人やハイジャックなどの不測の事態にも冷静に対処する。着陸後は、所定の飛行日誌を記入し、到着地の整備担当者に航空機の状態を報告する。また後続の便のためにディスパッチャーへ航路の気象状態を伝達する。 ◇ よく使う道具、機材、情報技術等  航空機(旅客機)、飛行計器類、操縦装置

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

国内・国際路線の航空機を操縦したり、写真撮影や広告宣伝、遊覧飛行、航空測量などのための小型飛行機やヘリコプターを操縦する。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

87.5 %
飛行中、通信モニターや計器の監視をする。
85.9 %
エンジンや機体の状況を把握し、気象や周囲の状況を確認しながら操縦する。
85.9 %
管制塔と交信して着陸許可を受け、高揚力装置を操作して徐々に降下させ、航空機を着陸させる。
85.9 %
運航終了後には、飛行日誌を提出し、整備担当者に航空機の状態を報告する。
84.4 %
技量を維持するための定期訓練や技能審査を受ける。
84.4 %
機器やエンジンの故障、ハイジャックなどの緊急事態には、所定の手順に従い緊急着陸など乗客の安全を守るための措置をとる。
84.4 %
管制塔と交信して離陸許可を受け、航空機を離陸させる。
81.3 %
地上の管制センターと交信し、現在位置や指定高度を確認する。
79.7 %
乗務前に運行管理者と飛行コース・時間・燃料積載量などの飛行計画を作成し、提出する。
76.6 %
巡航高度まで上昇させ、自動操縦装置に切り換える。
75.0 %
運行管理者に航路の気象状態を後続の便のために伝達する。
73.4 %
搭乗機に装置や計器を点検し、必要な調整をする。
65.6 %
機長と副機長で協力しあい、大型旅客機を運航する。
25.0 %
小型飛行機やヘリコプターの操縦をする。
21.9 %
航空写真撮影、測量、遊覧や視察などのために航空機を操縦する。

就業するには?

 旅客機を運航するには定期運送用操縦士の資格が必要となる。通常、自家用操縦士の資格取得後、事業用操縦士、定期運送用操縦士の順に資格を取得していく。旅客機のパイロットとして働くには、国土交通大臣による航空従事者技能証明を受けなければならない。  資格取得のためには、航空会社に入社して養成訓練を受ける方法と航空大学校に入学する方法がある。航空会社では筆記試験や面接、パイロットとしての適性検査を経て採用される。航空大学校の入学試験には学力検査、身体検査、心理検査、口述試験、操縦適性検査等がある。この他、一部の大学でも航空操縦学科が設けられている。一定期間海外に留学し、操縦免許を取得し、日本の操縦免許に書き換えるコースを受ける場合もある。  航空会社に入社後しばらくは地上勤務などに就き、航空会社社員としての経験を積む。所定の訓練を受けて、20代後半から副操縦士として飛行経験を積み、30代後半から40代前半にかけて機長に昇格するのが一般的である。  パイロットはどんな事態にも落ち着いて対応できるよう、情緒の安定と冷静な判断力が必要となる。管制機関との交信は英語で行われるため、英語力も必要になる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

パイロット
パイロット
希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 航空機の中で働くが、予備勤務として自宅や空港で待機したり、定期訓練を受ける日も勤務日数に含まれる。  就業者のうち、女性はごくわずかで、大半が男性となっている。  給与は基本賃金と乗務手当からなる。乗務手当は基本単価に乗務時間をかけた金額が支給される。乗務手当は一定額が保障される仕組みみとなっており、機長か副操縦士か、また経験年数によっても異なる。数日間の乗務の後、数日間の休日をとるサイクルになっている。運航の安全確保のため、また定期運送用操縦士資格を維持するために、健康管理が重要である。  飛行ダイヤに合わせて乗務するので早朝乗務や夜間飛行がある上、国際線の場合には時差もあり、勤務時間帯は変則的となる。また、日本から飛行して現地に宿泊し、翌日再び乗務に就くなど外泊の機会も多い。  また、飛行機の利用者が増えLCC(Low Cost Carrier)も含めて便数が増加していることや、パイロットの高齢化とその引退により、今後パイロットは一定の人材需要が見込まれる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

パイロットが属する主な職業分類(航空機操縦士)の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

全国
5,790
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

労働時間

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
140
時間
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

賃金(年収)

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
1694.6
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

年齢

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
39.4
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

全国
調査データはありません

有効求人倍率

全国
調査データはありません
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

グラフの目盛り

どのようなスキルがどの程度必要かを職業間で比較可能な形で表しています。前職や自分自身のスキルと比較することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力 5.5
傾聴力
傾聴力 5.3
文章力
文章力 4.2
説明力
説明力 5.0
外国語を読む
外国語を読む 4.9
外国語を聞く
外国語を聞く 4.6
外国語で書く
外国語で書く 3.6
外国語で話す
外国語で話す 4.4
数学的素養
数学的素養 4.0
科学的素養
科学的素養 3.8
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考) 4.0
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力 4.5
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践 4.4
継続的観察と評価
継続的観察と評価 4.4
他者の反応の理解
他者の反応の理解 4.6
他者との調整
他者との調整 4.7
説得
説得 4.2
交渉
交渉 3.6
指導
指導 4.5
対人援助サービス
対人援助サービス 3.5
複雑な問題解決
複雑な問題解決 4.4
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成) 3.7
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発 2.8
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択 3.4
設置と設定
設置と設定 2.9
プログラミング
プログラミング 2.2
計器監視
計器監視 5.7
操作と制御
操作と制御 5.6
保守点検
保守点検 4.0
故障等の原因特定
故障等の原因特定 4.7
修理
修理 3.1
クオリティチェック
クオリティチェック 3.5
合理的な意思決定
合理的な意思決定 4.0
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析 3.0
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価 3.3
時間管理
時間管理 5.0
資金管理
資金管理 2.5
資材管理
資材管理 2.4
人材管理
人材管理 3.0

どのような分野の知識が重要であり、必要かを表しています。前職や自分自身の知識と比較し、不足する分野を特定することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営 1.7
事務処理
事務処理 1.8
経済学・会計学
経済学・会計学 1.0
販売・マーケティング
販売・マーケティング 1.0
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス 1.6
人事労務管理
人事労務管理 1.5
輸送
輸送 3.4
生産・加工
生産・加工 1.3
農業・畜産業
農業・畜産業 0.8
工学
工学 2.3
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学 2.1
設計
設計 1.4
建築・建設
建築・建設 1.0
機械
機械 2.3
数学
数学 2.4
物理学
物理学 2.6
化学
化学 1.6
生物学
生物学 1.1
心理学
心理学 2.1
社会学
社会学 1.8
地理学
地理学 2.8
医学・歯学
医学・歯学 1.8
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング 1.5
教育訓練
教育訓練 2.7
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法 1.9
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法 2.6
芸術
芸術 0.8
歴史学・考古学
歴史学・考古学 0.8
哲学・宗教学
哲学・宗教学 0.8
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理 2.5
法律学、政治学
法律学、政治学 2.5
通信技術
通信技術 2.9
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア 2.4

この職業に就いている人はどのようなことに興味がある人が多いかを表しています。自分の職業興味とあっているか、確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的 3.9
研究的
研究的 3.4
芸術的
芸術的 2.6
社会的
社会的 3.6
企業的
企業的 3.1
慣習的
慣習的 3.6

この職業ではどのような点で満足感を得やすいかを表しています。あなたが重要だと思う価値観について満足感を得やすい職業かどうか確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感 4.3
自律性
自律性 4.1
社会的認知・地位
社会的認知・地位 3.9
良好な対人関係
良好な対人関係 3.9
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性) 3.9
労働安全衛生
労働安全衛生 3.5
組織的な支援体制
組織的な支援体制 3.5
専門性
専門性 4.3
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献 3.5
私生活との両立
私生活との両立 3.7

仕事の場所や対人業務の頻度などの、職場環境や仕事の内容などを表しています。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり 4.4
対面での議論
対面での議論 3.8
電話での会話
電話での会話 3.3
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成 3.2
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立 3.1
時間的切迫
時間的切迫 4.2
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事 4.3
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触 3.5
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする 4.2
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ 4.6
同一作業の反復
同一作業の反復 4.1
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業 4.4
結果・成果への責任
結果・成果への責任 4.4
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業 4.5
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業 2.6
屋外作業
屋外作業 3.1
座り作業
座り作業 4.5
立ち作業
立ち作業 2.0
反復作業
反復作業 3.0
ミスの影響度
ミスの影響度 4.7
意思決定の自由
意思決定の自由 3.6
仕事の構造化
仕事の構造化 3.8
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業