ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

家庭裁判所調査官

印刷する

家庭裁判所調査官

職業別名

裁判所調査官

職業分類

属する産業

公務(他に分類されるものを除く)   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 行動科学等の専門的な知見や技法を活用して、家庭内の紛争解決や非行少年の立ち直りに向けた調査活動を行う。  家庭裁判所は、夫婦や親族間の争いなどの家庭に関する問題を調停・審判・訴訟などによって解決するほか、非行を起こした少年などについて処分を決定する。いずれも法律的な解決を図るだけでなく、事件の背後にある人間関係や環境を考慮した解決が求められる。家庭裁判所調査官は、このような観点から、家庭裁判所において、裁判官や書記官と一緒にチームを組んで協力し合い、心理学、社会学、教育学、社会福祉学といった行動科学等の専門的な知見や技法を活用して、紛争解決や立ち直りに向けた調査活動を行う。  離婚、子どもの親権・監護権をめぐる争い、後見人の選任、養子縁組の許可などがある家事事件では、家庭裁判所調査官は、例えば、離婚の調停手続において、両親が親権を争っている場合には、親子の交流の様子を観察したり、子どもと面接したりして、子どもの思いを調停委員や両親に伝えたり、子どもの福祉を優先した解決について裁判官に意見を提出する。また、当事者間で食い違い、合意のあっせんが難しい場合などに、当事者と面接し、それぞれの気持ちを受け止めながら客観的な事実を確認して整理し、その結果をもとに調停の進め方について裁判官に意見を提出する。  非行を起こした少年などについて処分を決定する少年事件では、家庭裁判所調査官は、少年がなぜ非行を起こしたのかを分析し、どうすれば立ち直ることができるのかを検討するため、少年の性格、日頃の行動、生育歴、少年を取り巻く環境などを調査し、その結果を書面にまとめて裁判官に報告する。試験観察という決定がされた場合には、その間に少年や保護者と定期的に面接することもある。  家庭裁判所調査官は、裁判官や書記官と一緒にチームを組んで協力し合い、家庭裁判所の適正、迅速な審理を支えている。また、学校や児童相談所などの関係機関とも連携したりして、少年や当事者が抱えている問題の解決を目指している。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

家庭裁判所の裁判官の命令により、裁判や審判に必要な調査を行う。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

90.0 %
罪を犯した少年の面接や心理テストを行う。
90.0 %
少年の行状、経歴、家庭環境を調べ、事件処理に必要な調査報告にまとめる。
90.0 %
少年が冷静に審判に臨めるように援助を行い、実際の審判に出席して意見を述べる。
90.0 %
家庭内の問題について当事者との面接を行い、事件処理に必要な調査をする。
85.0 %
当事者に対してカウンセリングの技法を用いて心理的な援助を与える。
35.0 %
事件現場に出向いて調査する。

就業するには?

 裁判所職員採用総合職試験(家庭裁判所調査官補、院卒者区分・大卒程度区分)に合格する必要がある。受験資格として、院卒者区分、大卒程度区分はいずれも30歳未満という制限がある。試験は2次試験まである。  家庭裁判所調査官補として採用されると、裁判所職員総合研修所と配属先の家庭裁判所で研修(約2年)を受け、修了すると調査官に任命される。  研修所では講義や演習などの合同研修を受け、更に家庭裁判所では指導担当の主任家裁調査官から、事件処理その他調査実務全般にわたる教育訓練を受ける。  事実の調査や人間関係の調整など、家庭裁判所の専門的な仕事に従事するため、心理学等に関する専門的知識や技法と法学の知識、そしてそれらを高めるための不断の自己研鑽が求められる。また、裁判所職員としての高い倫理性や使命感、関係機関の職員として協力して執務できる柔軟さや協調性も求められる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

家庭裁判所調査官
家庭裁判所調査官
希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。

関連する資格はありません

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 全国にある家庭裁判所の本庁と主要な支部に勤務する。数年ごとに全国的な転勤がある。身分は、裁判所職員という特別職の国家公務員で、定員は1596人(2018年現在)。  給料、休日、勤務時間など労働条件は、一般の国家公務員とほぼ同じである。  採用されている職員に占める女性の割合は約7割と高い(2018年度試験結果*)。  経済や文化の国際化、経済事情の変動、国民の意識や価値観の多様化などにより、家族のあり方やこれに関する価値観、青少年を取り巻く社会状況や教育環境なども著しく変化している。このような社会の動きを反映して、家庭裁判所に持ち込まれる家事事件や少年事件も複雑かつ深刻なものが増加しており、夫婦・親子等の関係をめぐる人事訴訟も扱うようになったことから、家庭裁判所調査官の果たす役割も、一層重要となっている。 *裁判所 2019年度実施結果 総合職試験(家庭裁判所調査官補)

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

家庭裁判所調査官が属する主な職業分類(その他の法務の職業)の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

全国
24,680
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

労働時間

全国
調査データはありません

賃金(年収)

全国
調査データはありません

年齢

全国
調査データはありません

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

(令和元年度)

全国
25.8
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

有効求人倍率

(令和元年度)

全国
0.85
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

グラフの目盛り

どのようなスキルがどの程度必要かを職業間で比較可能な形で表しています。前職や自分自身のスキルと比較することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力 5.6
傾聴力
傾聴力 6.7
文章力
文章力 5.8
説明力
説明力 5.7
外国語を読む
外国語を読む 1.6
外国語を聞く
外国語を聞く 1.1
外国語で書く
外国語で書く 1.0
外国語で話す
外国語で話す 1.2
数学的素養
数学的素養 1.8
科学的素養
科学的素養 1.9
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考) 5.6
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力 5.0
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践 4.6
継続的観察と評価
継続的観察と評価 4.6
他者の反応の理解
他者の反応の理解 6.4
他者との調整
他者との調整 5.2
説得
説得 5.7
交渉
交渉 5.0
指導
指導 5.0
対人援助サービス
対人援助サービス 5.5
複雑な問題解決
複雑な問題解決 4.8
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成) 1.8
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発 1.8
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択 1.4
設置と設定
設置と設定 0.9
プログラミング
プログラミング 1.0
計器監視
計器監視 0.4
操作と制御
操作と制御 1.0
保守点検
保守点検 0.4
故障等の原因特定
故障等の原因特定 0.4
修理
修理 0.6
クオリティチェック
クオリティチェック 2.4
合理的な意思決定
合理的な意思決定 3.7
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析 3.0
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価 2.8
時間管理
時間管理 3.6
資金管理
資金管理 0.6
資材管理
資材管理 1.3
人材管理
人材管理 4.5

どのような分野の知識が重要であり、必要かを表しています。前職や自分自身の知識と比較し、不足する分野を特定することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営 2.1
事務処理
事務処理 3.6
経済学・会計学
経済学・会計学 0.8
販売・マーケティング
販売・マーケティング 0.4
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス 1.5
人事労務管理
人事労務管理 2.2
輸送
輸送 0.2
生産・加工
生産・加工 0.1
農業・畜産業
農業・畜産業 0.1
工学
工学 0.2
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学 0.6
設計
設計 0.2
建築・建設
建築・建設 0.1
機械
機械 0.2
数学
数学 1.0
物理学
物理学 0.2
化学
化学 0.2
生物学
生物学 1.4
心理学
心理学 5.0
社会学
社会学 4.6
地理学
地理学 0.6
医学・歯学
医学・歯学 3.6
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング 4.6
教育訓練
教育訓練 3.6
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法 4.3
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法 1.2
芸術
芸術 0.9
歴史学・考古学
歴史学・考古学 0.8
哲学・宗教学
哲学・宗教学 1.8
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理 1.6
法律学、政治学
法律学、政治学 4.8
通信技術
通信技術 0.6
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア 1.6

この職業に就いている人はどのようなことに興味がある人が多いかを表しています。自分の職業興味とあっているか、確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的 3.0
研究的
研究的 4.0
芸術的
芸術的 2.7
社会的
社会的 4.9
企業的
企業的 3.8
慣習的
慣習的 3.1

この職業ではどのような点で満足感を得やすいかを表しています。あなたが重要だと思う価値観について満足感を得やすい職業かどうか確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感 4.0
自律性
自律性 4.2
社会的認知・地位
社会的認知・地位 3.9
良好な対人関係
良好な対人関係 3.7
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性) 4.3
労働安全衛生
労働安全衛生 4.3
組織的な支援体制
組織的な支援体制 3.9
専門性
専門性 4.9
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献 4.8
私生活との両立
私生活との両立 4.1

仕事の場所や対人業務の頻度などの、職場環境や仕事の内容などを表しています。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり 5.0
対面での議論
対面での議論 4.4
電話での会話
電話での会話 4.8
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成 4.6
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立 3.4
時間的切迫
時間的切迫 3.8
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事 4.5
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触 4.6
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする 4.4
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ 4.7
同一作業の反復
同一作業の反復 2.5
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業 1.8
結果・成果への責任
結果・成果への責任 3.8
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業 4.8
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業 2.5
屋外作業
屋外作業 3.0
座り作業
座り作業 4.0
立ち作業
立ち作業 1.7
反復作業
反復作業 1.6
ミスの影響度
ミスの影響度 4.4
意思決定の自由
意思決定の自由 4.1
仕事の構造化
仕事の構造化 3.9
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業