ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

トピックス

日本版O-NETとは?

2020.03.19

  令和2年3月19日、職業情報提供サイト(日本版O-NET)がリリースされました。

 日本版O-NETには、約500の職業情報が掲載されており、無料で検索・活用できるため、企業の皆様の人材戦略、学生・社会人の皆様のキャリア形成(学び・職業選択など)等に幅広く活用していただけます。

 「O-NET」とは、「The OCCUPATIONAL INFORMATION NETWORK」の略です。

 日本版O-NETは、米国労働省が保有する職業情報データベース(O*NET)をモデルとして、日本の厚生労働省が開発しました(日本版O-NETは「0」と「NET」の間を「-」(半角のハイフン)、米国版は「0」と「NET」の間を「*」(半角のアスタリスク)となっています)。

 日本版O-NETでは、保有する約500の職業の一つ一つに、職業紹介動画(約90秒)や職業解説文(テキストデータ)に加え、職業興味、仕事価値観、求められるスキル、必要なタスクなど、職業横断的に共通化された尺度の数値データが掲載されています。

 職業紹介動画では、その職業に従事する方々の働く様子がコンパクトにまとめられており、どのような職業なのかを視覚的に把握することができます。

 また、数値データを活かして、

  • キャリア分析機能(目指す職業に就くために、これから習得すべき(伸ばすべき)スキル・知識等を明確化)
  • 人材採用支援機能(職業情報(1つ又は複数の組み合わせ)を基に、求める人材の要件(スキル・知識等)を明確化)
  • 人材活用シミュレーション機能(職業情報(1つ又は複数の組み合わせ)を基に、将来のあるべき人材像と現状を比較し、人員配置や教育訓練の検討資料を作成)

 といった機能も利用することができます。

 学生・社会人だけでなく、企業の人事・研修担当の方々、人材会社や就職支援機関のキャリアコンサルタントの方々など、幅広い方々に利用していただけます。