ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

商品企画開発(チェーンストア)

商品企画開発(チェーンストア)

職業別名

商品開発部員

職業分類

属する産業

卸売業,小売業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 消費者のニーズを掴み、自社で取り扱う商品の幅を広げ、よく売れそうな商品を企画開発する。ここでは主にスーパーマーケット、コンビニエンスストアなどチェーンストアの商品企画開発の仕事について述べる。  主な仕事は、海外商品の開発、産地直送などの仕入れルートの開拓、さらにPB商品(プライベート・ブランド商品)あるいはSB商品(ストア・ブランド商品)など、企業が独自に生産から流通・販売まで一貫して扱う商品の開発などである。また、定番商品を設定し、年間やシーズンごとに扱う種類、量などを決定する企業の計画策定にも関わる。定番商品はプロパー商品ともいい、その企業の主力商品として通常一年中扱い、売上げなどに最も大きい影響力を持つ。新規取引先との取引の開拓も行う場合がある。  常に情報を収集・調査・分析して将来の見通しを立て、その上で消費者に求められている商品を企画し、生産計画を立て、販売実験をしてから実行に移すなど、商品の生産から販売まで中心となって携わる。企画書や生産計画書、マニュアルや報告書づくりも重要な仕事となる。  開発中は、生産チームに参加して、製品開発に取り組むこともある。海外商品の開発の場合、単なる買い付けだけでなく、現地に駐在して海外の業者と協力して製品開発を行うことが多くなっている。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

スーパー、コンビニなどにおいて、消費者のニーズを掴み、自社で取り扱う商品の幅を広げ、よく売れそうな商品を企画開発する。

実施率
タスク内容
58.2 %
定番商品を設定し、年間やシーズンごとに扱う種類や量などを決定する。
54.5 %
プライベート・ブランド商品あるいはストア・ブランド商品の開発をする。
45.5 %
情報を収集・調査・分析して将来の見通しを立てる。
40.0 %
新製品の生産計画を立てる。
38.2 %
販売担当者と協議し、需要が期待できそうな製品あるいはサービスのアイデアを練る。
32.7 %
提供する製品あるいはサービスについて価格を設定する。
25.5 %
マーケティング活動の報告書を作成する。
25.5 %
製品およびサービスを宣伝するため、宣伝を企画する。
21.8 %
新製品を試験的に販売し、客からのデータを集める。
16.4 %
海外商品や産地直送品などの仕入れルートの開拓をする。
16.4 %
見本市や製品特別発表会で展示する製品および付属品を選ぶ。
12.7 %
製品およびサービスの売買に影響を与える地域的・国際的要因について企画担当者に助言する。
10.9 %
海外商品の開発のため、現地に駐在し、業者と協力して商品開発する。
9.1 %
法的問題を解決するため、法律部門のスタッフと協議する。

就業するには?

 入職にあたっては特に学歴や資格は必要とされない。大卒者が多くを占めているが、大学院や専門学校(ビジネス系)などからも人材が求められている。  入職後、販売や仕入の仕事を経験して流通・販売の知識を身につけ、分析力や企画力が優れていると評価されることによって、商品開発部門に配属されるケースが一般的である。  専門職として、各方面にわたる知識、技術が要求される。また、製品の製造まで関与することも多く、メーカーや産地についての知識や、商品化の実現可能性を判断する能力も求められる。日頃から世の中の流行や新製品についての情報収集が必要であり、創造的能力だけでなく、企業の将来に関わる商品を担う熱意も重要である。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。

関連する資格はありません

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 商品開発部門はほとんどが企業の本部に集中しているので、都市部での勤務となることが多い。  消費者のニーズに応える商品開発も多く、女性も活躍している。  商品知識や企画力、経験が必要とされるため、中堅層が中心となっている。  処遇は各企業の規定によるが、専門的な能力を要求される仕事なので、実績に応じて高い待遇を得ることも多い。  データの分析や企画書の作成といったデスクワーク以外に、生産地や仕入先への出張、販売実験のための店舗巡回、海外出張、市場の観察など外での仕事も多い  消費者のニーズの多様化や、商品の質に対する要求水準が高まっていることを受け、商品企画開発の業務が各企業で一層重要視されるようになっており、商品企画開発は強化されていく傾向にある。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

商品企画開発(チェーンストア)が属する主な職業分類(企画・調査事務員)の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

全国
3,407,430
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

労働時間

全国
調査データはありません

賃金(年収)

全国
調査データはありません

年齢

全国
調査データはありません

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

(令和元年度)

全国
25.6
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

有効求人倍率

(令和元年度)

全国
0.66
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール

類似する職業

  • 営業(IT)
  • 会社経営者