ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

金型工

金型工

職業別名

金型修理工

職業分類

属する産業

製造業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 工作機械を操作して大量生産の部品を作るための金型を製作する。  金型とは、同じ形の製品や部品を同じ品質で大量に効率よく製造するために、金属材料で作られた「型」のことで、身のまわりのプラスチック製品から、電機・自動車部品、光学機器、生産機器、医療機器、建築資材などの同じ製品を大量に作る時に欠かせないものである。  金型は、大きいものは100トン以上、小さいものは手のひらに載るサイズまで製品に応じて多種多様で、精度ではサブミクロン(1万分の1ミリ)の超精密が要求されるものもある。  まず、金型の設計業務では、主にCAD/CAMによって、技術者が設計図面を作成する。次に、機械加工工程では、コンピュータによる設計データや金型の設計図面に基づいて、工作機械を使って金属材料を加工する。仕上げ・組立工程では、表面にみがき等の仕上げをし、組立や調整を行って一式の金型を作製する。最終的に、完成した金型を用いて試作用設備で製品を試作して、必要な修正作業を行い、その品質を確認する。また、金型の修理の作業も行う。 ◇ よく使う道具、機材、情報技術等  金型、CAD/CAM、コンピュータ、NCフライス、マシニングセンター、NC工作機械

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

工作機械を操作して大量生産の部品を作るための金型を製作する。

実施率
タスク内容
45.9 %
CAD/CAMを操作して、金型の設計図面を作成する。
39.3 %
手作業、または研磨装置を操作して、金型表面を磨き、仕上げを行う。
39.3 %
部品を一式の金型に組み立てる。
39.3 %
金型の仕様について、取引先と打ち合わせをする。
36.1 %
コンピュータによる設計データや金型の設計図面に基づいて、金属材料を加工するために工作機械を操作する。
34.4 %
金型の微調整、破損の修復、変更のため、溶接などを行う。
31.1 %
完成した金型を使って試作用設備で試作し、製品の品質を確認する。

就業するには?

 入職にあたって、特に学歴や資格は必要とされない。高校等を卒業してすぐにこの職業に就くのが一般的である。また、他の職業からの中途採用もある。  新規学卒者は、学校、ハローワークの紹介がほとんどである。中途採用は、ハローワーク、新聞、求人広告等で行われている。  高度の熟練技術が要求され、機械工学的な知識があると有利であるが、実務を通して経験を積むことが重要である。使用する機械や道具も多く、使い方を身につけ習得することが求められる。通常は、教育は汎用工作機械で、素材加工、部品加工作業などからはじめて基礎的な切削技術を習得してから、NCフライスマシニングセンターなどのNC工作機械の操作を行う。  小規模工場の金型製作は、ほとんどの作業を一人で行うことが多いので、あらゆる工程を経験する。また、人数の多い職場の場合には加工作業が分業となり、当初は基礎的な加工作業を経験する。  関連する資格として厚生労働省が定める技能検定の「金型製作技能士」があり、資格を取得すると技術の証明として評価される。  最後まで作業をやり抜く根気、粘り強さが必要である。また、金型は一品受注生産であり、決まった工程で同じものを作る作業ではなく、新しいことに対し好奇心をもって創意、工夫できることが求められる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 勤務先は金型を製作する専業企業と部品加工メーカーの工場である。日本の製造業では使用する金型の7割程度を金型専業企業に依存している。小規模の事業所が多く職場は全国に広がっている。就業者は男性が多い。  賃金、労働時間等労働条件は勤務先の規定による。金型は受注生産であるため受注が重なると一時的に忙しくなり、残業が増えることも少なくない。  金型製作工場の現場は、設備のコンピュータ化、デジタル化に伴い、作業環境は改善されている。3DCADや精度の高い金属加工機械の導入が進む中、人の手による最終調整も含め作業時間は短縮されてきている。  金型の製造はコンピュータによる設計や製作など情報技術型に移行している。高齢化した熟練工の技能継承と若手育成が課題となっている。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

金型工が属する主な職業分類(金属製品製造工)の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

全国
477,990
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

労働時間

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
155
時間
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

賃金(年収)

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
518.3
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

年齢

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

全国
37.8
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

(令和元年度)

全国
22
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

有効求人倍率

(令和元年度)

全国
2.97
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール

類似する職業

  • プラスチック成形
  • 電子機器組立