ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

老人福祉施設生活相談員

老人福祉施設生活相談員

職業別名

機能訓練指導員(老人福祉施設) 生活指導員(老人福祉施設) 生活相談員(老人福祉施設)

職業分類

属する産業

医療,福祉   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 老人福祉施設に入所あるいは通所している利用者が、快適に、可能な範囲で自立的に日常生活を送ることができるように、相談、援助や連絡調整などを行う。一般的に施設名称を省いて「生活相談員」と呼ばれている。  具体的な仕事としては、新しい入所等希望者に対し施設やサービス等の説明をしたり、相談に応じ、利用が決まれば入所等の契約手続を行う。入所後は、本人や家族の状況を把握し利用者の状況に合ったサービス等について本人や家族と相談を行う。その際、利用者の主治医、介護支援専門員(ケアマネジャー)とも適宜、連絡調整を行う。入所時だけではなく、必要に応じて、本人や家族と面談し、状況の報告、問題があれば解決に向けた対応策の検討を行う。地域の行政機関や保健・医療機関などと連携して支援策を検討することもある。  職場によっては、介護職員が行う介護業務を兼務する場合もある。一方で、施設長や、ケアマネジャーが生活相談員を兼務している場合もある。  また、施設職員の資質向上のため研修、勉強会を企画、実施したり、この職業を目指す学生を実習生として受け入れ、研修を行う場合もある。  更に、地域住民との交流の企画や苦情等への対応を生活相談員が行う場合もある。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

老人福祉施設に入所あるいは通所している利用者が、快適に、可能な範囲で自立的に日常生活を送るこができるように、相談、援助や連絡調整などを行う。

実施率
タスク内容
79.6 %
本人及び家族と施設利用に当たっての相談に応じる。
66.7 %
利用者のよりよい支援のためにケアマネジャーと随時、連携協力する。
63.0 %
利用者を受け入れるため施設内の介護職員等との連絡調整、環境整備を行う。
61.1 %
利用者を受け入れるため主治医、ケアマネジャーとの連絡調整を行う。
53.7 %
施設利用にあっての契約手続き等を行う。
50.0 %
利用者の状況に合ったサービス提供内容等について、本人及び家族への説明を行う。
48.1 %
利用者及び家族と面談し必要に応じサービス提供内容等の見直し等を行う。
48.1 %
緊急事態等が発生した場合には、利用者及び家族と予め話し合っていた方針等により必要な対応を図る。
44.4 %
契約書類の作成、活動の記録、利用者の出欠管理簿の記入等必要な事務を行う。
44.4 %
利用者の支援等のため、必要に応じ行政、医療機関等と連携を図る。
31.5 %
老人福祉施設について地域住民の理解を得ること等を目的に地域住民と交流する。
27.8 %
地域住民からの老人福祉施設等に対する苦情等の処理、対応を行う。
18.5 %
施設内の介護職員等の資質向上等のため研修、勉強会を企画、実施する。
14.8 %
学生の実習、インターンシップ等の受入れ調整、実習時の指導、研修等、対応全般を行う。

就業するには?

 老人福祉施設生活相談員は、社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格(自治体での勤務に必要だが大学等で指定された科目の修了又は厚生労働大臣が指定する養成機関又は講習会の修了により取得できる。)が必要となるのが一般的である。自治体によっては、介護福祉士や介護支援専門員の資格を有している者も対象となる場合もある。  個々の高齢者の状況をよく理解し、関係者と連携してよりよい援助を実現するための専門性、コミュニケーション能力が重要である。本人や家族と介護職員をはじめとする関係者、関係機関との調整役となることが多く、客観的なものの見方や的確な判断力も求められる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 入所又は通所の老人福祉施設に勤務する。老人福祉施設には、老人デイサービスセンター老人短期入所施設養護老人ホーム養護老人ホーム'>特別養護老人ホーム軽費老人ホーム老人福祉センター老人介護支援センターがある。職場は全国に広がっている。生活相談員は、施設の規模等により配置基準は異なるが、施設に必ず1人以上の配置が義務づけられている。  勤務は、仕事が相談、連絡調整及びそれに伴う事務業務が中心であるため、介護業務との兼務等がなければ早朝、夜間の勤務はない。休日については週休2日制だが、土日に固定されない場合が多い。相談、連絡調整に時間がかかり、その後の事務作業を残業で行う場合もある。いずれにしても入所者を担当する場合と通所者を担当する場合で、残業や休日の取得方法等にも相違があり、実状は施設の規定等により様々となっている。  最初にあげた老人福祉施設は全体で5,293施設(利用者定員158,558人)あり、就業者は約4.5万人である(2017年10月1日時点*1)。  人手不足が続いている職業であり、欠員補充など中途採用の募集は常に行われており、入職の機会は多い。 *厚生労働省、平成29年社会福祉施設等調査の概況

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

老人福祉施設生活相談員が属する主な職業分類(福祉施設指導専門員)の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

全国
470,610
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

労働時間

全国
調査データはありません

賃金(年収)

全国
調査データはありません

年齢

全国
調査データはありません

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

(令和元年度)

全国
21.3
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

有効求人倍率

(令和元年度)

全国
3.74
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール

類似する職業

  • 医療ソーシャルワーカー
  • 福祉ソーシャルワーカー