ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

林業作業

林業作業

職業別名

山林苗木植付作業員 伐木作業員 林業地ごしらえ作業員 山林枝打作業員 山林下刈作業員 除伐作業員 運材作業員 間伐作業員 集材作業員 造材作業員

属する産業

農業,林業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 森林を維持管理しながら、育成した樹木を伐採して木材資源を生産する。  林業作業の仕事には、植林がしやすいように整地をする「地ごしらえ」、苗木を植えていく「植林」、苗木の周辺に生えた雑草を刈り払う「下刈り」、節のない木材を生産するために枝を切り落とす「枝打ち」、全体に十分な光と養分がいきわたるように木の本数を減らす「間伐」、最終的に残った大きな木を伐採して収穫する「主伐(しゅばつ)」がある。  作業は、チェーンソーでの伐採や刈払機、枝払いから一定の長さにそろえて切る測尺(そくじゃく)・玉切り(たまぎり)や集積作業までを一貫して行うハーベスタプロセッサ、集材専用車両のフォワーダなどの大型森林機械の操作、更にはフォークリフト、クレーンなどの操縦により行う。伐採した木材の運搬や、運搬のための林道建設も仕事に含まれる。自然を対象にする仕事なので、季節によって仕事内容も大きく変わる。  自然に囲まれた環境で仕事ができることや、時間の経過とともに植林した樹木の成長がはっきり目で見えることにやりがいを感じる人が多い。 ◇ よく使う道具、機材、情報技術等  チェーンソー、大型森林機械(ハーベスタプロセッサ、フォワーダ(集材専用車両)等)、フォークリフト、クレーン、刈払機

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

森林の整備や林業のための地ごしらえ、植付け、下刈り、枝打、伐木、造材、集材、運材などの作業をする。

実施率
タスク内容
54.2 %
雑木や雑草の下刈りをする。
50.0 %
間伐を行う。
39.6 %
山などに森林を育成するため、苗木を植えられるように整地をする。
35.4 %
下枝や枯枝などを切り落とす。
35.4 %
機械などを用いて、指示された立木を切り倒す。
33.3 %
定められた植林計画に基づき、植林を予定している土地に苗木を搬入し、植え付けをする。
29.2 %
伐採した木の枝払いや皮はぎを行い運搬する丸太にする。
27.1 %
伐採された原木を集め、山のふもとにある集積地まで搬出する。
25.0 %
風雪害木の処理を行う。
22.9 %
植林地の獣害の予防を行う。
22.9 %
植林した植物が苗木から成育樹になるまで見回りをする。
20.8 %
伐採、運搬、育林などの作業を行うための作業用道路を建設し維持する。
18.8 %
病害虫の被害のあった木の伐採や防虫の作業をする。
14.6 %
国道の草刈りをする。
12.5 %
集積地に集められた原木を製材工場などへ運搬する。

就業するには?

 入職にあたって、特に学歴や資格は必要とされない。学校卒業後、森林組合や林業会社等の林業事業体に就職するのが一般的である。公的補助を受けて関連団体が実施する林業の担い手を育成するための公的就職支援事業(「緑の雇用」など)を経由して入職する人もいる。  チェーンソーや刈払機を使用する仕事をする場合には、安全衛生のため公的機関などが実施している講習を受ける。林道建設に役立つ測量士や、ハーベスタなど大型林業機械の取扱い資格、労働安全関連の資格があれば就職には有利となる。  林業作業の仕事に新たに就く人は年間約3,000人前後である(2015年時点*1)。約半数が50歳以上で占められていて、様々な職業を経て30代、40代で初めて林業作業の職に就く人もいる。自然が好きで林業をやりたいという気持ちがあれば、学歴や職歴、年齢などの制限は比較的少ない職種といえる。  育林・伐採・運搬など、林業の業務は班単位で作業を行うため、協調性が求められる。 *1 総務省 平成27年国勢調査

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。
測量士

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 雇用する林業会社は、北海道、岩手、岐阜、広島等森林の多い地域に多く、個人経営のような、規模の小さい会社の比率が高い。  事務所から作業現場である森林までの距離が遠く、明るいうちに作業を終える必要があるため、林業作業の朝は早い。夏には、仕事内容によって朝5時半頃から仕事を開始することもある。  仕事の機械化も進んでいるが、体力を必要とする。斜面での伐採作業などでは危険を伴うこともある。雇用形態は有期雇用が多く、季節や天候によって仕事の内容や労働時間は変動する。農業との兼業者もいる。  地球温暖化の問題等で森林の保全の重要性は見直されている。また、国内の樹木の主伐期を迎えていることもあって木材の供給量が増加していること、林業の振興が進められていることから、木材の自給率は36%程度と年々上昇している(2017年時点*2)。 *2 林野庁 平成29年木材需給表

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

林業作業が属する主な職業分類(育林作業員,伐木・造材・集材作業員)の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

全国
19,400
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

労働時間

全国
調査データはありません

賃金(年収)

全国
調査データはありません

年齢

全国
調査データはありません

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

(令和元年度)

全国
21.9
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

有効求人倍率

(令和元年度)

全国
3.34
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール

類似する職業

  • 野菜つけ物製造
  • 溶接工