ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

ガラス食器製造

ガラス食器製造

職業別名

ガラス研磨設備オペレーター ガラス彫刻工 ガラス熱加工工 ガラス熱処理工 ガラス成形設備オペレーター ガラス繊維製造設備オペレーター ガラス熱加工設備オペレーター ガラス熱処理設備オペレーター 鏡銀引き工 ガラスカッティング工 ガラス成形工 ガラス繊維製造工

属する産業

製造業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 毎日の生活で使われるコップや皿などガラス製の食器を成形する。  ガラスには一般的なソーダ石灰ガラス、高級グラスなどに使われるクリスタルガラス(鉛ガラス)、耐熱ガラスと呼ばれるほうけい酸ガラスがあり、それぞれ異なる原料が使われる。  まず、ガラスの原料であるけい砂ソーダ灰などを混ぜ合わせ、溶融炉の中で高温で溶かす。水あめのようになった高温のガラスから必要な量を取り出し、コップや皿などを成形する。成形には、手作りで行う方法と機械で自動的に大量生産する方法がある。  手作りの場合、溶けたガラスをポンテ竿や吹き竿と呼ばれる金属製の棒で巻き取る。図面に合わせ、温度の高いわずかな時間内に、特殊なコテやはさみを使って目的の形にしたり、金属性の型の中に息を吹きこんだり、プレスしたりして成形する。  機械の場合は、回転する機械の円周上に取り付けられた金型に、溶けたガラスが自動的に入る仕組みになっているので、食器に合わせて金型を取り付けたり交換し、機械を操作して圧縮空気を吹きこんだりプレスしたりして食器を成形する。 ◇ よく使う道具、機材、情報技術等  ポンテ竿、吹き竿、コテ、はさみ、ガラス溶融炉

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

毎日の生活で使われるコップや皿などガラス製の食器を製造する。

実施率
タスク内容
36.7 %
ガラスの溶け具合や状態を観察する。
22.4 %
マイクロメーター、カリパス、拡大鏡、定規などの器具を使用して、製品を検査、測定する。
22.4 %
ガラスの原料であるけい砂やソーダ灰などを混ぜ合わせ、溶融炉の中で加熱して溶かす。
20.4 %
製品を製造するために必要なガラスの種類と量を決める。
18.4 %
加工するガラスの種類によって、炉の温度を調整する。
18.4 %
溶けたガラスを、特殊なコテやはさみを使って成形する。
16.3 %
自動的に溶けたガラスを枠型に入れて、製品をプレスしたり膨らませたりして成形する機械を操作する。
14.3 %
ガラス製造装置の金型を交換する。
14.3 %
ガラス製品のデザインをし、仕様書や図面を作成する。
12.2 %
ガラス製造装置のプレスのストロークの長さと圧力を調節する。
12.2 %
溶けたガラスに吹き竿から息を吹き込んで膨らませる。
12.2 %
ゴブ(ガラスの溶けた塊)を回収するために溶解ガラスの中に吹き竿の端を浸したり、ゴブを切ったりする。
10.2 %
炉と耐火性粉末を使用して、ガラス成形品を焼きなます。
10.2 %
溶けたガラスをポンテ竿や吹き竿と呼ばれる金属製の棒で必要量巻き取る。
8.2 %
溶けたガラスを、へら、コルク、プレス機のような手動工具で曲げたり接合したりする。
8.2 %
やすりや切削ろくろを使用して、ガラスの長さを所定のサイズに切る。
4.1 %
吹き竿から製品を分割するために首部を打つ。

就業するには?

 入職にあたって、特に学歴や資格は必要とされない。  見習として作業しながら技能と知識を身につけていくのが一般的である。工程が自動化されている場合は数年、手作りの場合では職人的な要素が強いため一人前になるには更に多くの経験年数が必要とされている。中途採用もみられる。  ガラスの性質を理解すること、手作りの場合は器具の特性を知ることが必要である。自動化されている場合は、機械の基礎的な知識も重要である。目的の形を作り上げるために、手先の器用さやセンスが求められる。チームワークを保ちながらの作業が多いので協調性も必要となる。  手作りの場合、数百グラムから数キログラムものガラスを巻き取るため、体力が必要である。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。

関連する資格はありません

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 一般的に自動化された工場では24時間連続運転を行っているため、3交替制で夜間勤務もあり、手造りの工場では昼間のみの勤務であることが多い。  ガラス溶融炉の能力以上にはガラスを溶融できないため、1日あたりの生産量は決まっており、残業は少ない。  手作りの場合は立ったり座ったりするが、自動化されている場合は立ったままの作業がほとんどである。高温のガラスを扱うため作業場所の温度は高くなる。  合成樹脂や金属などの他素材との競合や、輸入品の増加などが仕事に影響しており、自動生産による安価な商品と手造りの高級品や特産品への分化が進んでいる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

ガラス食器製造が属する主な職業分類(窯業製品生産設備制御・監視員,窯業・土石製品製造工)の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

全国
151,800
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

労働時間

全国
調査データはありません

賃金(年収)

全国
調査データはありません

年齢

全国
調査データはありません

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

(令和元年度)

全国
21.3
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

有効求人倍率

(令和元年度)

全国
4.09
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール

類似する職業

  • みそ製造
  • プラスチック成形