ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

幼稚園教員

幼稚園教員

職業別名

幼稚園教諭 幼稚園養護教諭

職業分類

属する産業

教育,学習支援業   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 満3歳から小学校に上がる前の幼児が通う幼稚園での生活全体を通して、子どもたちの心身の発達を促すための教育を行う。  幼稚園は、小学校や中学校と同じように、学校教育法に規定されている正規の学校である。義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育・指導する。  まず毎朝、登園した幼児に声をかけたり、学んだり遊んでいる様子を観察して、健康状態をチェックする。そして、子どもが進んで活動できるように、砂場や積み木、ままごと道具などの環境を整え、言葉をかけながら、指導をしていく。  指導の内容は、「健康」、「人間関係」、「環境」、「言葉」、「表現」の領域に大別される。幼稚園では、小学校のような教科別ではなく、生活や遊戯の中で総合的に、自分を表現することや言葉を使うこと、まわりの環境に慣れたり、人と関わったりすることなどを指導し、子どもの生きる力の基礎を育てていく。  これらの内容を効果的に指導するために、週やその日ごとに指導計画を作り、それに従った教育に当たる。また入園式、運動会、卒園式などの様々な行事のため、年、月など長期的な指導計画も作成する。また指導の記録や教材の研究、研修会や職員会議への出席も大切な仕事である。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人検索   (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

小学校に上がる前の幼児が通う幼稚園での生活全体を通して、子どもたちの心身の発達を促すための教育を行う。

実施率
タスク内容
96.0 %
登園した幼児に声をかけたり、学んだり遊んでいる様子を観察して、健康状態をチェックする。
89.3 %
子どもが進んで活動できるように、砂場や積み木、ままごと道具などの環境を整える。
84.0 %
園児に清潔を保つことや食事への関心などのセルフケアの習慣を定着させる。
81.3 %
園児の身体面や精神面を見守り、病気や障害の徴候を見出した場合は、保護者や専門家と連絡をとる。
77.3 %
園での行動や生活上の問題点、発達の状況などについて保護者と話し合う。
77.3 %
歌唱やダンスなどの活動を通じて、自己表現力や鑑賞力を育てる。
76.0 %
ゲームやグループの活動を指導し、協調性を身に付けさせる。
73.3 %
入学式や運動会などの行事を計画し、その日のための練習や準備をする。
72.0 %
遠足や社会見学など園児の様々な活動を計画し、興味を刺激して環境への理解を深める。
70.7 %
園内外の教員同士で話し合いの場をもうけ、研究や研修を行う。
65.3 %
週やその日ごとに指導計画を作り、それに従った教育をする。
48.0 %
体操指導を通じて心身を鍛える。
46.7 %
送迎バスに添乗する、または送迎の手伝いをする。

就業するには?

 幼稚園教員として仕事をするには、幼稚園教諭の免許状が必要である。免許状には1種、2種、専修免許状がある。一種免許状は幼稚園教諭養成課程のある大学、二種免許状は短期大学などを卒業すると取得できる。専修免許状は、幼稚園教諭養成課程のある大学院で修士課程を経て取得可能である。また、保育士免許を取得して一定の実務経験がある場合、試験に合格することで二種免許状を取得できる。  採用試験は、公立幼稚園と私立幼稚園では、形態が異なる。公立幼稚園の場合は、小・中・高校の教員の場合と同じように、都道府県教育委員会が採用試験を行う。私立幼稚園の場合は、各幼稚園が独自に選考して採用する。  求められる資質としては、子ども好きであることが第一であるが、それだけでなく、幼児の発達や学習についての知識・技術が必要である。健康状態などを見分ける注意力や観察力、病気や事故などへの応急処置ができることも重要である。  また、子どもはじっとしていないで激しく動くので、それに対応できる体力が要求される。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

学歴

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 就業者は約95,000人で平均年齢は約40歳となっている。また、女性が約9割と大半を占めている(2016年時点*)。  園児を預かる時間は原則1日4時間だが、預かり保育(保護者の希望に応じて、施設の教育時間の前後や土日や休業期間に幼稚園で教育活動を行うこと)をする場合もある。また、園児が帰ったあとは指導計画の作成や教材や教具の準備、研究会や職員会議などを行う。休憩時間は幼児が帰ってから取ることが多い。  労働時間は一般に週40時間、週休2日制である。土曜日や日曜日に行事が行われる場合もあるが、その際は代休をとることになる。夏休みや冬休みなどがあり、この時期に比較的長い休暇を取ることができる。  公立幼稚園で働く場合は教育公務員として処遇されるが、私立幼稚園で働く場合、給与や労働条件は園によって異なる。  最近では就学前の子どもに対して幼児教育・保育を一体で実施する幼保一体型認定こども園の設置が進められており、保育士の資格も併せ持ち勤務するケースも見られる。 *文部科学省、平成28年度学校教員統計調査

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

112,260


労働時間

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

165


時間

賃金

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

366.7


万円

年齢

(出典:令和元年賃金構造基本統計調査)

34.3


※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール

類似する職業

  • 保育士
  • 児童指導員