ページ内移動リンク

職業情報提供サイト

(日本版O-NET)
職業情報提供サイトって何? 厚生労働省(別窓リンク)

施設管理者(介護施設)

印刷する

施設管理者(介護施設)

職業別名

特別養護老人ホーム施設長 認知症高齢者グループホーム管理者(主に管理的な仕事に従事するもの) 養護老人ホーム施設長 老人デイサービスセンター管理者(主に管理的な仕事に従事するもの)

属する産業

医療,福祉   (クリックすると別サイトのしょくばらぼへ移ります)

どんな仕事?

 介護施設の管理・運営を担う責任者である。  複数の施設を運営する大規模な法人の場合はそのうちの1施設を担当するのが一般的であり、小規模な介護施設の場合は事業主が兼務している場合もある。施設の管理者として、経営目標と施設の管理・運営、人材マネジメントなどの調整を行う。  施設管理者の役割は、公的施設の場合は施設の管理・運営と人材及び業務マネジメントであるが、有料老人ホームなど民間の営利法人の場合はこれに加えて収支マネジメントも重要な役割となる。  具体的な業務内容をみていくと、人材マネジメントでは、スタッフの管理がメインとなり、採用、育成、定着支援が重要となる。優秀な人材を採用し、適正な人員配置に留意する。また、勤務表の作成、スタッフの福利厚生の管理や行政への手続き、残業・有給休暇の消化状況の把握などの労働時間管理、スタッフの出退勤やシフト体制の管理などの労務管理を通して、働きやすい職場環境づくりを行うことも大切な仕事といえる。さらに、スタッフの介護スキルの向上を目的とした研修や関連の法令や規則を守るためのコンプライアンス教育などサービスの質の向上を図るための人材育成も行う。  施設の管理・運営では、建物や設備の管理や必要に応じ改修などを行い、施設内の環境の維持、改善に取り組む。また、介護施設の運営方針や事業計画、年間目標の設定を行う。  提供するサービス内容や利用者とスタッフ数のバランスなどを踏まえて、具体的な施策を立案し、施設の運営を行う。加えて、利用者の数が安定的に推移するように、入居促進のための営業やイベントを開催し、入居者となる方の家族、近隣住民への周知活動を行うことも仕事である。このほか、施設の代表者として、行政や関連機関との連携や調整、地域社会との連携のため地域の催しなどにも参加する。利用者やその家族からの相談やクレームに応じたり、コンプライアンスの管理も担う。利用者との契約管理、介護保険請求や各種経費の管理も業務となる。  このように業務内容は多岐にわたるが、副施設長や事務長を置いている場合は業務を分担して対応する。規模の小さい施設の場合などでは、介護の実務も担当してシフトに入るケースもある。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

[ 動画 ]

求人情報を検索したい方はこちらから。 (ハローワークインターネットサービスへ移ります)

タスク(職業に含まれるこまかな仕事)

介護施設の管理・運営を行う。

実施率
タスク内容

グラフの目盛り

68.9 %
利用者や家族への対応をする。
55.6 %
地域と連携・協力をする。
55.6 %
建物や設備の管理をする。
53.3 %
行政等他機関との連携・調整等をする。
53.3 %
スタッフの教育・研修をする。
53.3 %
クレームに対処する(利用者とその家族、保険請求関連、地域からのクレームなど)。
48.9 %
スタッフの出退勤、シフト管理等の労務管理を行う。
46.7 %
勤務表を作成する。
46.7 %
必要に応じて介護業務の兼務をする。
42.2 %
スタッフの採用、配置などの人事管理を行う。
40.0 %
コンプライアンスの管理をする。
33.3 %
施設の収支管理をする。
26.7 %
取引を記録する帳簿や、お金の動きなどを記入す伝票等の帳票管理をする。
22.2 %
介護保険の請求管理をする。

就業するには?

 施設の種類によって、この仕事に就くための要件等は異なる。主に、医療、介護系学校を卒業して介護職員となり、介護職リーダー、生活相談員などを経て資格を取得して施設長にステップアップするケースと、異業種から介護施設に就職して、経験を積み、施設管理者になるための資格を取得するケースがある。後者の場合は介護関係ではない学校の卒業者が多い。  特別養護老人ホームの施設管理者の場合は、「社会福祉主事の要件を満たす」、「社会福祉事業に2年以上従事する」、「社会福祉施設長資格認定講習会を受講する」のいずれかの要件を満たす必要がある。  認知症型グループホームの施設管理者(ホーム長)になるには、2年以上の認知症介護経験に加えて、認知症対応型サービス事業者管理研修を受講することが必要である。  介護老人保健施設の施設管理者になるには、都道府県知事の承認を得た医師であることが必要である。  有料老人ホームの施設管理者(ホーム長)には資格要件はないが、実際には施設管理者候補として採用して、現場経験を積ませた後に関連資格を取得させるケースが多い。  介護制度の変更などに対応する必要があり、継続的な学習が求められる。大手の場合は施設長を集めた研修を実施したり、個人的に地域の勉強会に参加したり、全国社会福祉協議会が実施する社会福祉施設長サービス管理研修を受講している。  施設管理者としての経験を積んだあとは、複数の施設管理者を統括するエリアマネージャー等に昇進する場合もある。  施設管理者は管理職であるので、介護現場での経験は必須ではない。経営者やスタッフ、行政など外部の関係組織、利用者やその家族との円滑な意思疎通を行うためのコミュニケーション能力、施設のトップとしてスタッフを率いるリーダー的資質、利用者を増やし、スタッフを増強し、的確な収支計算を行って円滑な運営を行う経営者的能力などが求められる。

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

施設管理者(介護施設)
施設管理者(介護施設)
希望する職業に必要な職業スキルや知識などの訓練コースや講座を探したい方はこちらから。

学歴

この職業で実際に働いている人が多いと感じる『学歴』を表しています。必須とは限りませんので、詳細は「就業するには」を確認してください。

入職前後の訓練期間、入職前の実務経験

労働条件の特徴

 介護施設長が勤務する施設としては、認知症対応型共同生活介護のグループホーム、公的介護施設である特別養護老人施設(特養)、介護老人保健施設(老健)民間企業が運営する有料老人ホーム、ケアハウス(軽費老人ホームC型)などがある。  雇用形態としては、施設管理者は原則正社員である。介護系学校を卒業して福祉施設に入職した場合は、早ければ入職後7、8年で管理職に昇進するケースもある。公益財団法人介護労働安定センターの「平成30年度介護労働実態調査」によれば、介護スタッフは女性比率が約8割近くを占めるが、施設長は社会福祉法人では男性比率が約6割と男性比率が介護スタッフより高い。施設長の平均年齢は約52歳、介護スタッフは約48歳である。(*1)。  介護施設の職員等の勤務形態は、デイサービスは日勤のみだが、入居型施設の場合はシフト制となる。施設管理者は原則として日勤のみだが、施設によっては施設管理者もシフトに入るため、夜勤がある場合もある。  複数の施設を運営している法人の場合は、転勤することもある。 *1 介護労働安定センターの「平成30年度介護労働実態調査」から

掲載している職業情報について(ご意見募集など)

統計データ

施設管理者(介護施設)が属する主な職業分類(その他の法人・団体の管理職員)の統計情報です。

※関連団体等が別途就業者数等を公表している場合は「労働条件の特徴」本文中に記載されていることがあります。

データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)
データ表示対象地域を選択(就業者統計データおよび求人統計データの都道府県別の数値が表示されます。)

就業者統計データ

就業者数

(出典:平成27年国勢調査)

全国
162,200
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

労働時間

全国
調査データはありません

賃金(年収)

全国
調査データはありません

年齢

全国
調査データはありません

ハローワーク求人統計データ

求人賃金(月額)

(令和元年度)

全国
27.5
万円
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。

有効求人倍率

(令和元年度)

全国
6.55
都道府県を選択すると都道府県別の数値が表示されます。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。
※「統計データ」は、必ずしもその職業のみの統計データを表しているものではありません。

しごと能力プロフィール

グラフの目盛り

どのようなスキルがどの程度必要かを職業間で比較可能な形で表しています。前職や自分自身のスキルと比較することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
読解力
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読解力 3.7
傾聴力
傾聴力 4.2
文章力
文章力 3.8
説明力
説明力 3.9
外国語を読む
外国語を読む 1.1
外国語を聞く
外国語を聞く 0.9
外国語で書く
外国語で書く 0.8
外国語で話す
外国語で話す 0.8
数学的素養
数学的素養 1.8
科学的素養
科学的素養 1.3
論理と推論(批判的思考)
論理と推論(批判的思考) 2.7
新しい情報の応用力
新しい情報の応用力 3.1
学習方法の選択・実践
学習方法の選択・実践 3.3
継続的観察と評価
継続的観察と評価 3.8
他者の反応の理解
他者の反応の理解 4.0
他者との調整
他者との調整 3.8
説得
説得 4.1
交渉
交渉 3.9
指導
指導 4.1
対人援助サービス
対人援助サービス 4.0
複雑な問題解決
複雑な問題解決 3.5
要件分析(仕様作成)
要件分析(仕様作成) 3.0
カスタマイズと開発
カスタマイズと開発 2.7
道具、機器、設備の選択
道具、機器、設備の選択 2.9
設置と設定
設置と設定 2.7
プログラミング
プログラミング 2.0
計器監視
計器監視 2.0
操作と制御
操作と制御 2.3
保守点検
保守点検 2.4
故障等の原因特定
故障等の原因特定 2.5
修理
修理 2.4
クオリティチェック
クオリティチェック 2.3
合理的な意思決定
合理的な意思決定 2.8
企業・組織の活動の分析
企業・組織の活動の分析 2.8
企業・組織の活動の評価
企業・組織の活動の評価 3.0
時間管理
時間管理 3.6
資金管理
資金管理 2.6
資材管理
資材管理 2.9
人材管理
人材管理 3.4

どのような分野の知識が重要であり、必要かを表しています。前職や自分自身の知識と比較し、不足する分野を特定することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
ビジネスと経営
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ビジネスと経営 2.3
事務処理
事務処理 2.4
経済学・会計学
経済学・会計学 1.6
販売・マーケティング
販売・マーケティング 1.8
顧客サービス・対人サービス
顧客サービス・対人サービス 2.6
人事労務管理
人事労務管理 2.6
輸送
輸送 1.5
生産・加工
生産・加工 1.1
農業・畜産業
農業・畜産業 1.0
工学
工学 1.2
コンピュータと電子工学
コンピュータと電子工学 1.2
設計
設計 1.2
建築・建設
建築・建設 1.1
機械
機械 1.2
数学
数学 1.2
物理学
物理学 1.2
化学
化学 1.3
生物学
生物学 1.4
心理学
心理学 2.2
社会学
社会学 2.2
地理学
地理学 1.2
医学・歯学
医学・歯学 2.3
セラピーとカウンセリング
セラピーとカウンセリング 2.5
教育訓練
教育訓練 2.4
日本語の語彙・文法
日本語の語彙・文法 2.0
外国語の語彙・文法
外国語の語彙・文法 1.3
芸術
芸術 1.2
歴史学・考古学
歴史学・考古学 1.2
哲学・宗教学
哲学・宗教学 1.4
公衆安全・危機管理
公衆安全・危機管理 2.1
法律学、政治学
法律学、政治学 2.0
通信技術
通信技術 1.3
コミュニケーションとメディア
コミュニケーションとメディア 2.0

この職業に就いている人はどのようなことに興味がある人が多いかを表しています。自分の職業興味とあっているか、確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
現実的
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
現実的 3.2
研究的
研究的 2.9
芸術的
芸術的 2.7
社会的
社会的 3.6
企業的
企業的 3.0
慣習的
慣習的 3.0

この職業ではどのような点で満足感を得やすいかを表しています。あなたが重要だと思う価値観について満足感を得やすい職業かどうか確認することができます。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
達成感
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
達成感 3.2
自律性
自律性 3.1
社会的認知・地位
社会的認知・地位 3.1
良好な対人関係
良好な対人関係 3.4
労働条件(雇用や報酬の安定性)
労働条件(雇用や報酬の安定性) 3.1
労働安全衛生
労働安全衛生 3.1
組織的な支援体制
組織的な支援体制 2.9
専門性
専門性 3.4
奉仕・社会貢献
奉仕・社会貢献 3.4
私生活との両立
私生活との両立 3.3

仕事の場所や対人業務の頻度などの、職場環境や仕事の内容などを表しています。

この職業の「しごと能力」プロフィール
この職業に関係のない「しごと能力」プロフィール
他者とのかかわり
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
他者とのかかわり 4.3
対面での議論
対面での議論 3.8
電話での会話
電話での会話 4.1
ビジネスレターやメモの作成
ビジネスレターやメモの作成 3.4
仕事上での他者との対立
仕事上での他者との対立 3.2
時間的切迫
時間的切迫 3.5
グループやチームでの仕事
グループやチームでの仕事 3.8
外部の顧客等との接触
外部の顧客等との接触 3.5
他者と調整し、リードする
他者と調整し、リードする 3.5
厳密さ、正確さ
厳密さ、正確さ 3.5
同一作業の反復
同一作業の反復 3.3
機器等の速度に応じた作業
機器等の速度に応じた作業 3.0
結果・成果への責任
結果・成果への責任 3.6
空調のきいた屋内作業
空調のきいた屋内作業 4.6
空調のきいていない屋内作業
空調のきいていない屋内作業 2.8
屋外作業
屋外作業 3.0
座り作業
座り作業 3.1
立ち作業
立ち作業 3.2
反復作業
反復作業 2.8
ミスの影響度
ミスの影響度 3.3
意思決定の自由
意思決定の自由 3.5
仕事の構造化
仕事の構造化 3.4
規則的(ルーチンやスケジュールが決まっている)
不規則(天候、生産需要、契約期間などで変わる)
季節的(一年のうちの一定の時期だけ)

類似する職業